東京 青山・大阪 なんばのインビザライン(マウスピース型カスタムメイド矯正装置)マウスピース矯正専門歯科 青山アール矯正歯科
Facebook Instagram
東京

TEL.03-3746-4180

大阪

TEL.06-6561-4181

大阪院 徳久院長のブログ
BLOG-OSAKA

2012.11.21

日々のこと

インビザラインサミット・ラスベガスが開催されました

2年に一回開催される、インビザラインサミットinUSAが今年もラスベガスのアリアリゾートで開催されました。インビザラインの最新の状況やアメリカ国内での主流のインビザライン治療を知ることができる学会です。

インビザライン最大のサミットです。

インビザラインドクターやそのスタッフの方々を含め、全米から約3000人ほどが参加していました。

佐本先生と一緒に参加してきました。

大変人気があり、サミットへの参加チケットも約2時間で完売になってしまったそうです。

日本からは参加条件が厳しく、私たちを含めて、日本からは4人の参加でした。

今回のサミットの最新情報では、インビザラインで矯正している患者数は全世界でついに200万人に到達したとのことです。

理由としては、インビザラインの認知度が上がってきているのはもとより、毎年のように改良を重ね、さらに良い矯正装置になっているので、患者様もドクターも導入しやすくなってきいるようです。

2011年度は約30万人、今年は約36万人と年々インビザラインの患者数がかなりの勢いで、増加しています。

来年は工場を増設して、さらにきめ細やかな対応ができるようになるようです。

材質に関して新たな取り組みも紹介され、今後の展開がますます楽しみになる、良いサミットでした。

メイン会場です。

インビザライン治療で定評のあるインビザラインドクターの方々の講演発表の会場です。

最近のインビザライン治療の潮流を知ることができました。

最新のトピックは、「遠心移動法」「インプラントアンカー」「ディープバイト」「開咬」など難症例といわれる疾患の治療法についてでした。

当院でも治療を行っている疾患ですが、今回知ることのできたアメリカの先生方の治療法を検証して、取り入れていきたいと考えています。

次回はサミット内で同時開催された、インビザラインギャラリーUSAについて書きたいと思います。

プライバシーポリシー

Copyright 2016 青山アール矯正歯科 All Rights Reserved.

トップヘ戻る