東京 青山・大阪 なんばのインビザライン(マウスピース型カスタムメイド矯正装置)マウスピース矯正専門歯科 青山アール矯正歯科
Facebook Instagram
東京

TEL.03-3746-4180

大阪

TEL.06-6561-4181

東京院 佐本院長のブログ

BLOG-TOKYO

2010.11.28

日々のこと
無事に日本成人矯正歯科学会セミナーでの講演を終えることができました!

満員御礼。ありがとうございました。

講演前に「インビザラインで矯正治療をしたことがある方?」

と質問をさせて頂きましたところ1割いないくらいの先生方が挙手されました。

まだまだインビザラインを積極的に導入している先生の数が少ないことを実感しました。

今回の講演は「プラスティックアプライアンスの可能性を探る」というテーマでしたので、

私のクリニックでワイヤーを使わずにインビザラインで治療した様々なケースをお見せしました。

重度叢生(ガタガタ歯)、上顎前突、下顎前突、重度過蓋咬合(ディープバイト)、開咬(オープンバイト)、上下顎前突、上下4本小臼歯抜歯症例、大臼歯の遠心移動、治療計画の立て方(クリンチェック)、インビザラインで治療が難しい症例について、すべてを1時間につめこんで講演させて頂きました。

今回来て頂いた先生方にインビザラインの有効性を是非知って欲しい、聴いて欲しいという思いで、見せたいこと、話したいことをいっきに詰め込み過ぎましたm(_ _ )m

私的にはインビザライン治療の可能性をすべてさらけ出したつもりですが、今思うと1時間で話すには無理がありましたね。。。

さらに私は話が苦手で、下手ですので内容が分かりづらかったかもしれません。聴いていた妻の採点は60点あせる

しかし今回は一発入魂の思いで、僕が現段階でインビザライン治療に感じること、可能性、テクニック、ケースすべてを嘘偽りなく正直に公開しました。

インビザラインによる矯正治療の可能性は十分に感じて頂けたと思います。

今回講演した内容が来て頂いた先生方の矯正治療にいつかきっとお役に立てると信じております!

寒い中、遠方より講演を聴きに来て頂きましてありがとうございました。

最後にこのような機会を頂きました日本成人矯正学会関係者ならびに学術委員の皆様に深く御礼申し上げます。


P.S.
写真で私の右は渡辺矯正歯科院長の渡辺和也先生です。アソアライナーで著名な先生で、プラスティックアプライアンスの様々なテクニックを披露され、とても勉強になりました。
少ししかお話しできませんでしたが矯正医としても人間としても素晴らしい先生だな~と感じました。

 
 
日本成人矯正学会セミナーで

2010.11.24

日々のこと

二か月に一回茨城県のあさひ歯科クリニック・矯正歯科まで出張し、インビザラインでの矯正治療を行っています。

あさひ歯科クリニックは最近リニューアルし、院長の診療に対する熱意が凄い病院を造り上げました!

「ASAHI DENTAL OFFICE CT+IMPLANT CENTER」

CTレントゲン、マイクロスコープ、セレック、インビザライン。

歯科治療の世界最新のテクノロジーが終結したクリニックが茨木県の友部にできました!

茨城県在住の虫歯、歯周病、インプラント、入れ歯、歯並びでお悩みの方!ご来院お待ちしております!

院内の写真をアップします。

いよいよ明日は日本成人矯正学会のセミナーで講演です。

来ていただいた先生方の日々臨床にお役に立てれたらと思います。

これから発表の練習だ。。。。

 
 

2010.11.15

日々のこと

昨日は有楽町で行われた日本顎咬合学会の第11回咬合フォーラムへ行きました。

テーマは「咬合高径を決める!!」

講演された先生方は一般歯科医の南清和先生、吉木邦夫先生と矯正医の佐藤貞男教授 でした。

咬合高径とは簡単に言えば上顎骨と下顎骨の垂直的距離(高さ)のことを言います。

以前から咬合高径に関する一般歯科医と矯正医のコンセンサスを自分なりに模索したく感じておりましたのでとても勉強になりました。

2010.11.13

日々のこと

先日中目黒にあるAlign(アライン)社(インビザライン・ジャパン)で当院でのインビザライン治療の症例報告をおこないました。

 

 

日ごろの臨床結果をアライン社にフィードバックすることでより質の高い治療が提供できると思います。

 

11月25日(木)に日本成人矯正学会の学会セミナー
で「インビザライン治療の可能性」について講演を依頼されたので、

 

そのリハーサルもかねたのですが、スライドが350枚あったので早いペースで進めても2時間かかりました。

 

成人矯正の講演時間は1時間なのでお見せする症例数を大幅に削減する必要がありますね。。。

 

1

理事長・東京院 佐本 博

院長紹介
プライバシーポリシー

Copyright 2016 青山アール矯正歯科 All Rights Reserved.

トップヘ戻る