東京 青山・大阪 なんばのインビザライン(マウスピース型カスタムメイド矯正装置)マウスピース矯正専門歯科 青山アール矯正歯科
Facebook Instagram
東京

TEL.03-3746-4180

大阪

TEL.06-6561-4181

東京院 佐本院長のブログ

BLOG-TOKYO

2013.06.20

日々のこと

先日、昭和大学歯学部歯科矯正学講座でインビザライン治療について講演しました。

昭和大学歯学部歯科矯正学講座は大学を卒業して間もない15年前に見学研究生として少しばかり在籍させて頂いてました。当時から矯正治療を学びたい先生が全国から集まる人気の名門講座です。現在においても歯科大学として日本で一番最初にインビザラインを導入し、次世代型のブラケット「マニューバー」の開発など、槇教授を中心に他の大学の追随を許さない先見性のある臨床研究や開発に貪欲に取り組んでられます。

そんな憧れだった矯正学講座で講演させて頂くことができ、とても光栄に思います。

15年ぶりの矯正科だったのですが、診療室は一部リフォームされていましたが当時の面影が残されていました。タイムスリップしたような不思議な気分でした。

案内して頂いた矯正1、2年目の先生に聞くと、仕事が多くて帰宅が翌日になることが多いそうです。昔と変わらずハードな研修システムの中で矯正治療学の基礎と技術とプライドを学んでいるのだなと感心しました。それなりの覚悟がないと入局できないので、いい人材が集まり育っていくのでしょうね。

今回は「The Dawn of Orthodontic(矯正治療学の夜明け)」というタイトルでお話しさせて頂きました。

タイトル名はスタンリー・キューブリックの「2001年宇宙の旅」の冒頭シーンで謎の石板「モノリス」が遠い昔の地球上に突如現れたシーン名から拝借しました。

私には映画のモノリスとインビザラインが同じような存在に思えたからです。


講演では好き勝手にいろいろ自説を展開しましたが、その一つでも昭和大学矯正科の先生方の矯正治療のお役に立てればと願っていますm(_ _ )m

2013.06.05

日々のこと

昨日、6月4日の夕方放送のTBSテレビ「Nスタ」のハッケン!のコーナーでインビザラインについてコメントしました。

先週の土曜日と、今週の月曜日取材があり翌日の火曜日放送ということで、かなりタイトなスケジュールで番組が制作されたのに驚きました!自分はインタビューを受けるのがかなり苦手で、ちゃんとコメントできていなかったのですが、昨日オンエアーを見てみるとうまく編集されていて、全体的にまとまっていましたので良かったです。うまく編集して頂いたテレビ局の方々に感謝致します。最後に、今回テレビの取材に心良く協力して頂きました患者様に心より御礼申し上げたいと思います。ありがとうございました!

2013.06.02

日々のこと


インビザラインEUサミット3日目の朝は、各会場で行われるラウンドテーブルディスカッションに参加しました。
各国の先生が自分のケースを持ち寄り、治療方法を紹介し、ディスカッションしながら情報交換する場です。

途中Dr.ビッキーも私たちのテーブルに合流してくれました。

徳久先生は同じ時間に違う会場でラウンドテーブルディスカッションに参加してました。

皆さん真剣ですね。

徳久先生のフルクラスⅡの遠心移動ケースに皆さん大変興味を持っていたそうです。

各国の矯正医で意見交換ができるこのような場は大変貴重ですね。

ランチタイム。

いよいよ自分の講演が近づいてきたので、食欲全くなし(笑)。

CLOSING GENERAL SESSION会場

CLOSING GENERAL SESSIONいよいよスタート!

Who Moved My Patient? with Mr. Jordi Torres
アライン社の方の講演。

Invisalign Treatment Gallery with Dr.Patrice Bergeyron.
インビザラインギャラリー受賞者のトップバッターはフランスの先生。

Invisalign Treatment Gallery with Dr.Emidio Aquilio.
2番手のスペインの先生は英語が苦手らしくて紙を読みながらの講演。
自分の前の先生が英語がしゃべれない先生で正直かなりプレッシャーから解放されました。

そしていよいよ自分。冒頭は日本人らしく礼を行い。第一声は日本語で「こんにちは!」
からスタートしました。声が小さくならないのを意識して暗記した下手な英語でスピーチ。

こんな素晴らしい会場で自分のケース、テクニックを紹介できるのは本当に幸せですね。

ちゃんと正面にはモニターがあり、発表者ツールの台詞が見えるので、
講演中もあせることなくしゃべり続ける事ができました。

海外の先生をまねして、最後にここぞとばかり家族の紹介(笑)。

一番受けたのがこのスライド。親しみをもってもらおうと妹がイタリア人と結婚し、親戚にイタリア人がいるという事を言ったら場内がどよめいてました(笑)。

最後は世界遺産に登録される予定の富士山のスライドでしめました。
講演後はたくさんの拍手を頂き、とても感動しました。



インビザラインギャラリー受賞者の講演後は、アライン社のMr.Raphael Pascaudがしめのスピーチを行いました。
私が講演で最後に述べた言葉(下記)をスピーチに引用してくれたりしてました。嬉しいですね!
 Invisalign is just a technique and nothing
more than a tool.The human brain is
greater than Invisalign. Invisalign is
merely a tool and a technique for the doctor to achieve the doctor`s treatment
goal.It is the skills
and technique of the doctor and his abilities which will result in successful
treatment outcome.

Closing & Special Recognitions with Mr.Raphael Pascaud.
スクリーン(左上)で2012年、2013年のギャラリー受賞者で私の名前が紹介されました!嬉しいですね!

2012年度の自分の順番が違うけど。。。。ま、いっか。

今回のサミットのスピーカーの紹介。自分の名前は右の下から3番目にありました。

また、アジアパシフィックのドクターで1000症例以上のケースを行っている先生として紹介されました!

クロージングセッション終了後はアライン社のCEOのプレスコット氏とアラインジャパンの方々と記念撮影。

最後の夜はDINNER & DANCING GALA
素敵な空間で打ち上げパーティー!

最後は皆さんすべてを忘れ、踊りまくり!

会場でちょっと前に私のクリニックに来てくださりましたアライン社のジュリー氏と記念撮影。
ブロークンイングリッシュの私の発表をいろいろと褒めてくださりました。ありがとうございます!

有名なドイツのDr.シュープがわざわざ講演が良かったと私のテーブルに挨拶に来てくれました。
嬉しいですね!

コスタリカのクリンチェック工場で1000人以上の従業員を指導している矯正医Dr.Jose Francoも講演が良かったと私のテーブルに来てくれました。嬉しいですね!

私のクリニックに来てくれた事があるアライン社副社長のリチャードも、プレゼンが良かったと私のテーブルに来てくれました。嬉しいですね!

学会終了の翌日。昼の飛行機で帰国するので、朝に少しばかり時間があったのでローマ市内を観光しました。

サンタマリアノベッラ。ここのアロマがいいと言う情報を聞いたので、
ここでスタッフのお土産を買いました。

今回のインビザラインヨーロッパサミットは私にとって忘れられない体験だったと思います。学会で学んだことはすべて明日からの臨床にフィードバックし、社会に還元していきたいと思います!

最後に学会中にクリニックを支えてくれた先生方、スタッフにこの場を借りて御礼申し上げます。

ありがとー!!!

2013.06.02

日々のこと

二日目後半はBREAKOUT SESSIONS.
それぞれの会場に分かれてレクチャーがあります。

私は日本でもなじみの深いDr.Vicki Vlaskalicのレクチャーを見に行きました。


Extraction Treatment with Dr. Vicki Vlaskalic
Dr.ビッキーの講演はEUでも立ち見のでるくらいの人気でした。プレゼンで私の行った小臼歯抜歯ケースも紹介して頂き、何度も私のことを紹介してくださいました。たいへん嬉しかったです!

ブレイクの後は、違う会場で、スペインとフランスの先生の講演を見ました。

Up to the Limit: Complex Vertical and A-P with Dr. Kamy Malekian and Dr.Joerg Schwarze.

ヨーロッパでは大変人気のある先生方の講演です。遠心移動や側方拡大を行ったケースを紹介してました。



夕方からのセッションはドイツで人気の高いDr.Werner Schuppのレクチャーに参加しました。

Finishing with Dr.Werner Shhupp
マカオでも講演でご一緒したシュープ先生。オーバーコレクションやディテーリングについて講演されていました。とてもダンディーな先生です。

会場の休憩エリアで口腔内スキャンのデモが多なわれていました。
これからのインビザラインは歯の型採りをカメラで行っていくようになります。
患者様にとってずいぶん楽になると思います。

大阪クリニックの徳久先生と東京の那須先生と会場内で記念撮影。

2日目終了後は夕方からホテルの庭でWELLCOME COCKTAIL RECEPTION。

生演奏が場を盛り上げてくれました!日本人向けに、坂本九の「見上げてごらん夜の星を」を弾いてくださりました!

イタリアの女性と長崎の村上先生と記念撮影。

カクテルパーティーの後はアラインジャパンの方々と日本の先生方とローマ市街にあるミシュラン二つ星のレストラン「ANTICA PESA」に行きました。

まるで辞書のようなワインリスト!凄いですね。

イタリアの赤ワイン。もちろん最高の味です!

日本から来た皆様と記念写真。楽しい贅沢な一夜でした。
ありがとうございます!!!

お店の前で大阪クリニックの徳久先生(左)と記念写真。

学会3日目へ。

1

理事長・東京院 佐本 博

院長紹介
プライバシーポリシー

Copyright 2016 青山アール矯正歯科 All Rights Reserved.

トップヘ戻る