東京 青山・大阪 なんばのインビザライン(アライナー型矯正装置)マウスピース矯正専門歯科 青山アール矯正歯科
大阪院へのアクセス 東京院へのアクセス よくある質問
東京

TEL.03-3746-4180

大阪

TEL.06-6561-4181

佐本院長の論文

THESIS
Journal of Clinical Orthodontics (JCO) Dr.佐本の論文「A Customized Staging Procedure to Improve the Predictability of Space Closure with Sequential Aligners」

2014年に世界的に有名な矯正歯科ジャーナルのJournal of Clinical Orthodonticsに佐本博先生の論文「A Customized Staging Procedure to Improve the Predictability of Space Closure with Sequential Aligners」が掲載されました。
従来のブラケットやワイヤー、パワーアームなどを併用しないでインビザラインのみで小臼歯4本抜歯ケースを治療したケースとして世界で初めて発表された論文です。
小臼歯4本抜歯ケースにアプローチする上で有効なクリンチェックデザイン(治療シミュレーション)とテクニックを紹介しています。

最も関心の高い論文としてJCOエディターのDr. Redmondのコラム「THE CUTTING EDGE」で佐本先生の論文が紹介されています。

THE EDITOR’S CORNER What Defines a Specialist?
VOLUME 48 : NUMBER 06 : PAGES (333-334) 2014
ROBERT G. KEIM, DDS, EDD, PHD
What Defines a Specialist?

Shortly after completing my graduate program in orthodontics, I was interviewed by an older orthodontist from my hometown who was looking for an associate to join his practice and eventually buy him out. This was a decision that was of tremendous importance and risk to both of us: he had his retirement on the line, and I had four kids to feed. Given the gravity of our discussion, we probably touched on every imaginable subject relative to the practice of orthodontics, just to make sure that we would be both personally and professionally compatible.
Things were going relatively well until the older orthodontist began a diatribe about what he felt had killed the specialty. Being right out of orthodontic school after having run a successful general practice for a number of years, I was unaware that the specialty was dead or even ailing. But my colleague was absolutely sure that the mass marketing of preformed bands had ruined things by making it easier for general dentists to practice orthodontics, and that the invention of straightwire appliances was the final nail in our collective coffin. In short, he believed that progress in orthodontic technology had killed his practice. Needless to say, I did not enter into an agreement with him.

That was almost 30 years ago. My own retirement is now in sight, and I still don’t believe that our beloved specialty is either dead or ruined. During those three decades, we have seen some dramatic advances, many of which would have had the potential to make it easier for anyone besides certified specialists—general dentists, pediatric dentists, periodontists, anyone—to deliver orthodontic care.
There have been so many “paradigm shifts” over those 30 years that one has to wonder just what it means to be a specialist today. I suppose many people would define a specialist in terms of the possession of some esoteric knowledge that is unattainable by the general practitioners of the profession without additional training. Many who ascribe to this definition abhor any progress that might make it easier to practice their obscure craft. In the mind of the senior orthodontist with whom I interviewed all those years ago, if everyone who delivered orthodontic care had to know how to pinch and cement bands, then GPs could never have “invaded” our specialty.

I’ve always felt that it isn’t the technology itself that defines a specialist, but rather the training, experience, and judgment required to determine just how and when to use that esoteric technology to achieve the best outcome for the patient. In this context, technological progress becomes inherent in the definition, and staying abreast of that progress becomes a point of contrast between the specialist and the generalist. I would argue that clinging to old ways—pinching bands, for example—in the face of superior advancements only serves to diminish the authority and even the respectability of anyone claiming to be a specialist.

In the 30 years since my interview, the area of greatest technological progress that I've seen would have to be the development and widespread application of computer-designed and -manufactured aligners by Invisalign and its competitors.
Nothing has had as great an impact on the possibilities for orthodontic care we can offer to our patients. Once again, because this technology is available to both orthodontists and general dentists, it has caused a good deal of consternation within the specialty. But again, I would argue that trying to suppress progress would be the wrong thing to do, for us as specialists and especially for our patients. At the outset, we recognized that aligners had their clinical limitations.
Since then, however, improvements in design and performance have resulted in a treatment modality that can now accomplish practically anything we can achieve with fixed appliances. That progress continues, as our current issue demonstrates.

In this month's JCO, Drs. Hiroshi Samoto and Vicki Vlaskalic present a case that perfectly supports my argument about specialists' being defined by more than technology alone. This patient would have been challenging to treat even with fixed appliances, but the results shown here would be admirable for any system. It was the authors' clinical judgment, diagnosis and treatment- planning skills, and practical experience that distinguished the work of specialists in this case. Take a look and see what you think.

日本語訳
スペシャリストを定義するものは何か?

歯科矯正の大学院課程を修了した直後に、故郷で引退して勤務医を探している高齢の歯科矯正医の面接を受けました。これは、私たちの両方にとって非常に重要でリスクのある決断でした。彼は退職していましたし、私は4人の子供を養育しないといけなかったからです。話し合うべきことの重大性を考えれば、歯科矯正の治療に関連して、想像を絶するほどの量の課題に触れました。それは、私たちが個人的にも職業的にも適合することを確かめるためです。高齢の歯科矯正医が専門性が失われたと感じている批判が始まるまでは、その話し合いは比較的上手くいってました。何年もの間、一般歯科での開業を成功させた後に歯科矯正学校を卒業したことから、私は矯正医の専門性が失われている、もしくは危機的な状況であることは知りませんでした。しかし、彼はあらかじめプリフォームされたバンドが大量に販売されたことで一般の歯科医が歯列矯正治療することが容易になったことや、ストレートワイヤーの発明が私たちにとって専門性が失われる留めの一発であったと信じていました。要するに、歯科矯正テクノロジーの進歩が彼の医院をダメにしたと彼は信じていました。言うまでもなく、私は彼と契約を結びませんでした。

それは約30年前の話です。私自身の退職が今見え来て、私はまだ私達の大切な専門性が失われている、または台無しになっているとは思いません。 30年の間、私たちはいくつかの劇的な進歩を見てきました。その進化の多くは、認定された矯正専門医以外の一般歯科医、小児歯科医、歯周病専門医、誰でも簡単に歯科矯正治療ができる可能性を秘めていました。
30年以上に渡って非常に多くの「パラダイムシフト」があり、今日は専門家であることが何を意味するのか疑問に思っています。私は、多くの人が、追加の訓練をしないと一般開業医には手に入らない、ある種の秘密の知識を所有するということで専門家を定義していると思います。この定義に属する多くの人々は、複雑な作業がより簡単に実践できるような進歩を忌み嫌います。数年前に私がインタビューした年輩の矯正歯科医の心の中は、もし歯列矯正治療をするすべての人がバンドを成形する方法を知る必要があるのであれば、一般開業医(GP)は私たちの専門分野に “侵入”することは決してなかったと思っているのでしょう。

私は常に専門家を定義するものはテクノロジーそのものではなく、患者のために最良の結果を達成するためにその難解な技術をいつ、どのように、どうやって使うのかを決定するために必要な訓練、経験、判断であると考えます。つまりテクノロジーの進歩はその定義に含まれるようになり、進歩に遅れずについていくことは、専門家と一般歯科医を比べるポイントになります。私は、優れた進歩に直面して、昔のやり方に執着すること(例えば、バンドを挟むこと)が、権威や、専門家であると主張する人の尊敬さえもなくすことにしかならないと主張します。

私のインタビューから30年後、私が見てきた最も大きな技術進歩の領域は、Invisalignとその競合他社によるコンピュータ設計製作によるアライナーの開発と普及に違いありません。逆に私たち専門医が患者に大きな影響を与えた可能性のある進化は何もありませんでした。さらに、この新たなテクノロジーは歯科矯正医と一般歯科医の両方が使用できるため、専門医の間で非常に驚きがありました。しかし、私は、進歩を抑制しようとすることは、私たちの専門家、特に私たちの患者のためにも間違っていると主張します。当初、アライナーは臨床的限界があることを認識していました。しかし、それ以来、設計(クリンチェック)と性能の向上は、現在のワイヤー治療で達成できることを実際に達成できる安定性をもたらしました。この論文が示すように、その進化は続いていたのです。

今月のJCOでは、Dr.Samoto HiroshiとDr.Vicki Vlaskalicは、専門性は単なるテクノロジーの進化に関係なく定義されるべきであるという私の主張を完全に支持する症例を提示してくれています。この患者はワイヤー装置でも治療するのは難しいですが、ここに示されている結果はどんなシステムよりも賞賛に値します。この症例では専門的な仕事を区別するのは、著者の臨床的判断、診断と治療計画のスキル、実践的な経験だということが示されてます。是非この論文を読んで考えて見てください。

プライバシーポリシー

Copyright 2016 青山アール矯正歯科 All Rights Reserved.

トップヘ戻る