東京 青山・大阪 なんばのインビザライン(マウスピース型カスタムメイド矯正装置)マウスピース矯正専門歯科 青山アール矯正歯科
Facebook Instagram
東京

TEL.03-3746-4180

大阪

TEL.06-6561-4181

当院のインビザライン(マウスピース型カスタムメイド矯正装置)体験談
VOICE

東京都江東区在住会社員M.Hさんのインビザライン(マウスピース型カスタムメイド矯正装置)体験談

私は小さい頃から歯並びがコンプレックスでした。笑顔になる時は手で口元を隠すのが癖で、鏡にうつる自分の顔も大嫌いでした。成人するまでに何度も矯正をしたいと思いましたが、矯正は敬遠していました。

何故なら、周囲の矯正している子達は皆ブラケット治療だったのですが、話し辛そうで見た目もかなりインパクトがあった為「歯並びが悪くても死ぬ訳ではないし、そこまでして矯正しなくてもいいかな…」と思っていたからです。費用も高額ですので。

ですが…歯並びの悪さは命を奪うまでではなくとも、常に付き纏うコンプレックスは勿論の事、噛み合わせの問題や顔の骨格のバランスの崩れを起こす等、次第に私の生活に影響を出すようになってきました。そして成人して数年後、ようやく矯正を始めようと決心しました。

私は周囲に矯正を始めた事を気付かれたくなかった事(ブラケットに対する拒否反応もあります)、歯の型取りが苦手である事、通院回数は極力少なめがいい事を優先事項として矯正方法を選択しました。

そこで辿り着いたのが、「インビザライン」でした。インビザラインの良い所は上記の条件をクリアした事に加え、初めの型取りの段階でコンピューターで矯正の治療計画を作成してくれるので、今後の治療がどのように展開していくかがとても分かりやすく伝わる所です。

矯正治療は長い年月を要するものですが、このシステムにより「あと何ヶ月後、何年後にはこんな綺麗な歯並びになっているんだ」とモチベーションを常に維持させてくれていたように感じます。

よく矯正の話をする際、インビザラインのデメリットを聞かれますが、私にはデメリットが見当たらず返答に困ってしまいます。強いて言うならば、装着時間は個人の努力が必要不可欠なので、怠れば怠った分、矯正期間が長くなる…といったところでしょうか。

いずれにせよ、私のライフスタイルにはインビザラインという選択がベストであった事は間違いありません。そして保定期間に入った今、コンプレックスだった歯並びは「綺麗な歯並びだね」とよくお褒め頂くようになり、自然と笑顔にも自信が持て、すっかり自慢のパーツとなりました。最後まで気を抜かずに、残りの保定期間も日々楽しみながら過ごしていこうと思います。

*当院で掲載されているインビザライン(マウスピース型カスタムメイド矯正装置)体験談の無断使用、転載は固く禁じております。
プライバシーポリシー

Copyright 2016 青山アール矯正歯科 All Rights Reserved.

トップヘ戻る