東京 青山・大阪 なんばのインビザライン(マウスピース型カスタムメイド矯正装置)マウスピース矯正専門歯科 青山アール矯正歯科
Facebook Instagram
東京

TEL.03-3746-4180

大阪

TEL.06-6561-4181

大阪院 徳久院長のブログ
BLOG-OSAKA

2011.11.26

日々のこと

インビザラインで抜歯をして口元を下げたいときの治療

歯を抜かなくて治療するのがベストですが、

どうしても歯を抜いて治療しないと望み通りの歯並びを獲得できない場合があります。

横顔や口元の大幅な改善が必要なケースにおいては、小臼歯(犬歯の後ろの歯)を抜歯したスペースを利用して治療を行います。

これもまたクリンチェックの設計が非常に大切になってきます。

インビザライン治療の中では難易度が高い治療になります。

*治療計画、治療結果は患者様の協力度、クリニックの経験度により大きく異なります。

当院での治療例を参考にしてみてください。

●治療前(上下の歯が前に出ているため口元が突出しています。)

●治療開始後(上下左右の第一小臼歯を4本抜歯しています)

●治療途中(抜いた歯のスペースが徐々に閉鎖しています)

●治療後(抜いた歯の空隙が閉鎖し、歯も歯茎も後ろに下がりました。治療が終わって保定に移行するときの状態です)

治療前後の横顔のレントゲン写真です。

理想的な口元を獲得できました。

横から見たときのレントゲン写真の歯の角度が変わっているのが確認できます。

また、うっすらと写っている鼻、口元、顎のラインの改善も確認できます。

●治療前

●治療後

前歯の傾きだけでなく、口元がEラインに入り、すっきりとしています。

プライバシーポリシー

Copyright 2016 青山アール矯正歯科 All Rights Reserved.

トップヘ戻る