東京 青山・大阪 なんばのインビザライン・マウスピース矯正専門歯科 青山アール矯正歯科
アクセス・診療時間
東京

TEL.03-3746-4180

大阪

TEL.06-6561-4181

インビザラインと他のマウスピース矯正の違い

DIFFERENCE

世界にはインビザラインに似たマウスピース型の矯正装置がいくつか存在します。見た目も透明で形もそっくりなので、全く同じ効果と使用用途があるものだと誤解されています。しかし実際には製作工程と治療システムが大きく異なるので、治療効果や治療が出来る症例の範囲も大きく異なります。

製作工程の違い

インビザラインの製作工程

初めに精密な歯型を採り、患者様個別に作製した治療計画フォームと共に米国に郵送します。届いた歯型は3次元にデジタルデータ化され、コンピューター画面上にて、歯をどのように動かしていくかなどの計画を立てていきます。その計画を完成度の高いものにする為には「矯正歯科医が細かく指示を出し、それに基づきプログラマーが修正を行う」、この工程を何度も繰り返し行うことが必要となります(※)。計画が完成し、患者様の同意が得られると、計画に忠実に沿った段階ごとのマウスピースが、1度に全てオートマティックに作製されます。

※治療の行方を左右する治療計画の作製は、歯科医師のインビザラインの経験や知識により大きく差が出ます。その為どこの歯科医院でインビザラインの治療を受けても同じ計画が出来上がるというわけではありません。

他のマウスピース矯正の製作工程

初めに歯型を採り、歯科技工士が模型上で少し歯を動かした状態を予測して、マウスピースを作製します。そして歯が少し移動した頃に再び歯型を採り、同じようにしてマウスピースを作製します。この作業を治療が完了するまで何度も繰り返します。

インビザラインの制作工程

他のマウスピース矯正にはないインビザラインの特長

従来のマウスピース矯正では難しいとされてきた様々な症例に対応できる。(歯科医師のインビザラインの経験と知識が必要)

→コンピューター処理により治療計画を作製できる為、予知性が高く、精密な診断をすることが可能になる。

患者様が治療前に、歯の動きや治療後の歯並びを視覚的に確かめることができる。

1回の型取りで全てのマウスピースが製作できる。

→患者様の型取りの負担も少なくすみ、来院頻度を少なくすることが可能になる。またマウスピースの個数が最初にわかる為、おおよその治療期間を予想することができる。

プライバシーポリシー

Copyright 2016 青山アール矯正歯科 All Rights Reserved.

トップヘ戻る