東京 青山・大阪 なんばのインビザライン(アライナー型矯正装置)マウスピース矯正専門歯科 青山アール矯正歯科
大阪院へのアクセス 東京院へのアクセス よくある質問
東京

TEL.03-3746-4180

大阪

TEL.06-6561-4181

インビザライン(アライナー型矯正装置)とは

ABOUT “INVISALIGN”
インビザライン(invisalign)とは、全世界で400万人以上の患者さんの治療に使用されている透明な”マウスピース”の矯正装置です。

ワイヤーを使用しないため、付けているのがほとんどわかりません。
また、普通に食事や会話ができ、喋りやすく、痛みがほとんどありません。
通院回数も少なくて済みます。

インビザライン(アライナー型矯正装置)の特徴

“透明”であるということ

インビザライン(アライナー型矯正装置)は薄い透明のプラスチックでできているため、装着してもほとんどわかりません。矯正治療中であっても口元を気にせず笑顔を見せることができます。
相手に伝えない限り、おそらくは誰も治療を受けていることに気づきません。

自分で取り外し可能しかも快適

インビザライン(アライナー型矯正装置)は自分で取り外し可能なため、他の矯正装置よりもブラッシングがしやすく、お口の中を清潔かつ快適に保つことができます。
1.5~3カ月ごとの受診の度に、治療の進行状況に応じ、新しいマウスピースを担当の矯正医から受け取ります。自分で取り外し可能なので、食生活もこれまで通り行えます。

インビザライン(アライナー型矯正装置)のメリット

透明で見えない

透明なマウスピースのため、目立つこともなく、周囲に気付かれずに歯列矯正を行うことができます。薄く滑らかな装置なので、違和感も少なく、話しづらさもほとんどありません。

痛みが少ない

過度な力がかからないため従来型の矯正装置に比べ、比較的痛みが少ないと言われています。またワイヤーやブラケットを使用していない為、粘膜に当たる痛みや刺さる痛みは無く、口内炎ができることはほとんどありません。

取り外しができて衛生的

取り外し可能な為、歯ブラシも今まで通り行えます。従来型の矯正装置のように装置にプラークが沈着することがなく、歯や歯周組織を健康に保つことができます。またインビザライン(アライナー型矯正装置)は歯ブラシで簡単に洗浄することができ、とても衛生的です。

お手入れの仕方
食べたいものが食べられる

従来型の矯正装置ですと、ほうれん草のような葉物は絡みやすく、また餅のような粘着性のあるものはくっつきやすい為、少なからずわずらわしさがあるかと思います。インビザライン(アライナー型矯正装置)の場合は取り外しが可能ですので、普段と変わらず食事を楽しむことができます。

金属アレルギーの方も安心

素材がプラスチック製の為、金属アレルギーを引き起こす心配がありません。金属アレルギーで矯正治療を断念した方も、安心して治療を受けて頂くことができます。

通院回数が少ない

1〜2週間ごと(症例によって異なります)のマウスピースの交換はご自分で行います。定期的なチェックに必要な通院は1.5〜3ケ月ごとです。このため忙しい方や遠方の方も負担が少なくてすみます。

動画でわかるインビザライン(アライナー型矯正装置)

他のマウスピース矯正の違い

世界にはインビザライン(アライナー型矯正装置)に似たマウスピース型の矯正装置がいくつか存在します。見た目も透明で形もそっくりなので、全く同じ効果と使用用途があるものだと誤解されています。しかし実際には製作工程と治療システムが大きく異なるので、治療効果や治療が出来る症例の範囲も大きく異なります。
インビザライン(アライナー型矯正装置)
他のマウスピース矯正
メリット
高度な治療設計を作成するため、適応症例が広い
型取りは1〜3回、治療計画が明確
比較的費用が安い
デメリット
治療プログラムの作成が必要な為、術者の矯正の技術や経験が
治療結果を左右することがある
適応症例が狭い
毎回型取りする必要があり、苦痛が伴う
治療期間
数ヶ月~2年程度
数ヶ月~2年程度
来院頻度
2ヶ月に1回程度
1ヶ月に1、2回程度

インビザライン(アライナー型矯正装置)の簡単な流れ

補助矯正装置

インビザライン(アライナー型矯正装置)を補助する目的で使用する従来型のワイヤーやブラケット、顎間ゴムなどを「補助矯正装置」といいます。治療の前に行う場合や、途中または終了後に行う場合があります。補助矯正期間は症状によって様々ですが3ヵ月から1年かかる場合もあります。しかしインビザライン(アライナー型矯正装置)と併用することによりトータルの治療期間を減少できるメリットがあります。補助矯正をとりいれることにより、難しいケースにおいてもより理想的な治療を行うことができます。

顎間エラスティック(ゴム)

上下の歯の咬み合わせを改善、微調整するために使用します。アライナーにゴムをひっかけることで矯正力が加わります。ゴムは口腔内の側方につけるためほとんど目立ちません。

裏側ブラケット

歯の裏側(前歯のみ)に装置をつけるため正面から装置は見えません。前歯の裏にしかブラケットをつけないので、発音障害や舌の痛みはほとんどありません。

セルフライゲーション型ブラケット

インビザライン(アライナー型矯正装置)では移動が難しい歯があった場合、補助的にブラケットを装着することがあります。
当院では歯の移動が速く、痛みが少ないセルフライゲーション型ブラケットを使用しています。
セルフライゲーション型ブラケットの中でも大きさの小さいものを積極的に使用し、審美的に影響が出ないように心がけてます。

マニューバー

当院ではインビザライン(アライナー型矯正装置)との併用治療に優れた最新型ブラケット「マニューバー」を積極的に使用しています。
アタッチメントと似たシンプルで滑らかな形状で、白色で歯に装着しても違和感がありません。
前歯には装着せず側方にしか装着しないのでほとんど付けているのがわかりません。

アスリートのためのマウスピース矯正

インビザライン(アライナー型矯正装置)は、口の中を傷つける心配がないので激しいスポーツをするアスリート選手も安心して矯正治療を行うことができます。口の周りを強打した時に起こるスポーツ外傷も、マウスガードを付けることで軽減いたします。
プライバシーポリシー

Copyright 2016 青山アール矯正歯科 All Rights Reserved.

トップヘ戻る