東京 青山・大阪 なんばのインビザライン(マウスピース型カスタムメイド矯正装置)マウスピース矯正専門歯科 青山アール矯正歯科
Facebook Instagram
東京

TEL.03-3746-4180

大阪

TEL.06-6561-4181

院長紹介

DIRECTORS
理事長/東京院 院長 佐本 博 大阪院 院長 徳久 幸司 スタッフ紹介

さもと ひろし

佐本 博

Hiroshi Samoto

医療法人社団アール 青山アール矯正歯科 理事長

歯学博士(日本大学大学院矯正学専攻・平成15年取得)

公益社団法人 日本矯正歯科学会・認定医

日本港区麻布赤坂歯科医師会 矯正医

令和元年現在3000症例以上のインビザライン治療に取り組み、世界各国で講演

インビザライン(マウスピース型カスタムメイド矯正装置)の講演のため、日本、アメリカ、ヨーロッパ、中国、ドバイ、シンガポールなど世界各国で招聘されています。

2006年にインビザライン(マウスピース型カスタムメイド矯正装置)矯正専門クリニックを開設。
2735症例(2008年5月~2018年7月)の実績。

さらに、2012年に世界各国の先生からノミネートされたインビザラインケースを閲覧することができるアライン社のサイト
「インビザライン・インターナショナルギャラリー」において、ノミネートされたケースの中から最も優れた治療を行ったインビザラインケースが投票で選ばれるInvisalign Peer Review Awardで最優秀賞を受賞しました。

2013年、2014年、2016年、2017年、2018年においても最優秀賞を受賞し、インビザライン・インターナショナルギャラリーアワード最優秀賞を6度受賞しました。2014年度においては1位から3位まで独占して受賞いたしました。
さらに世界28か国にまで規模がアップグレードされた「インビザライン・グローバルギャラリー」においても、2016年より3年連続でInvisalign Peer Review Award 最優秀賞(1位)を再び受賞しました。

  • ツイッターはこちら
  • facebookページはこちら
  • Instagramはこちら
  • YouTubeチャンネルはこちら
佐本院長ご挨拶

ご挨拶

矯正治療によって歯並び・噛み合わせを整えることは、さまざまな効果につながります。自分に自信が持てるようになったり、積極的になれたり、メンタル面への効果も期待できるでしょう。私自身も矯正治療を経験し、歯並びが綺麗になってコンプレックスが改善される喜びを実感した一人です。「この喜びを皆様に共感して欲しい」という気持ちで、日々矯正治療に取り組んでいます。

当院では、患者様に「なるべくストレスの少ない矯正治療を受けて頂きたい」という思いで、開院当初から透明で目立たないマウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)を採用し、今日に至るまで幅広い症例に対応してきました。小学生から60代の方まで、老若男女問わず、多くの患者様に治療を受けていただいています。
スポーツや楽器の演奏、接客業・営業などのお仕事等、さまざまな理由で矯正治療をあきらめている方に、マウスピース型カスタムメイド矯正装置による治療をおすすめしています。

「キレイな歯並びになりたい」という理由から治療を希望される方が多いのですが、当院の矯正治療は、見た目だけでなく、正しい咬合に調整することを目標としています。
そのため、お口の中の状態によっては、効率良く治療を行うためにワイヤー矯正装置も取り入れる場合がございます。この場合、できるだけワイヤーが見えないように奥歯だけにワイヤーを装着するなど、見た目に配慮し、装着期間をなるべく短くするように努めます。ご希望の装置をメインとした、快適性の高い矯正治療を心がけています。

また、装置の特性を生かし、できるだけ歯を抜かない矯正治療に努めています。どうしても抜歯が必要な患者様にも、マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)で対応が可能です。まずは矯正治療をあきらめないで、お気軽にご相談いただきたいと思います。

青山アール矯正歯科の「R(アール)」は、Reborn・Restart・Recover・Refreshなど、新たな生まれ変わり、再スタートのイメージがあることから、「R(アール)」という文字を私たちのコンセプトとし、医院名としてつけました。当院での矯正治療をきっかけに、患者様の人生がより豊かになることを心より願っています。

メディア掲載・インビザラインアワード受賞歴等はこちら

所属学会・資格

歯学博士(日本大学大学院矯正学専攻・平成15年取得)

公益社団法人 日本矯正歯科学会・認定医

アメリカ矯正歯科学会会員

日本歯科医師会会員

東京都歯科医師会会員

東京都港区麻布赤坂歯科医師会会員

日本スポーツ歯科医学会会員

麻布赤坂矯正歯科医会会員

主な受賞歴

平成 9年

日本大学「歯学部長賞」受賞

平成13年

79th IADR(国際歯科学研究会議)にて講演

平成13年

7th ICCBMT(国際骨代謝学会)にて発表

平成15年

日本歯科保存学会「デンツプライ賞」受賞

平成16年

日本歯科保存学会「奨励賞」受賞

平成28年

2016 インビザライングローバルギャラリー「Treatment of the Month」
を受賞

略歴

平成 3年 4月

日本大学歯学部入学

平成 9年 3月

日本大学歯学部卒業(日本大学「歯学部長賞」受賞)

大学卒業後は大学病院で矯正学と歯周病学の研究と臨床の日々を過ごす。

平成10年 4月

日本大学松戸歯学部矯正科入局

平成11年 4月

日本大学大学院矯正学専攻

平成15年 3月

博士号取得 (骨代謝に関与する骨シアロタンパク質BSPについての研究)

平成15年 4月

日本大学助手(日本大学松戸歯学部歯周科)

平成15年 12月

公益社団法人 日本矯正歯科学会「認定医」取得
矯正認定医取得後、日本大学松戸歯学部歯周科で3年間歯周治療を学ぶ。

平成18年

港区南青山にて「青山アール矯正歯科」開院し、インビザライン治療を開始する。

平成21年

大阪・なんばに「青山アール矯正歯科 大阪院」開院

平成25年

インビザラインAPACアドバイザリーボードメンバーに選考される。
・米国アラインテクノロジー社主催のインビザラインギャラリー(世界27カ国参加)において、インビザラインPeer Review Award1位を6 回受賞(平成24~26年、28~30年)。
・現在3000症例以上のインビザライン治療に取り組み、世界各国で講演。

趣味・興味

私の夢:天職である矯正治療を追求し、矯正治療学の発展に貢献すること。マウスピース矯正治療の技術において世界一になること!

私の趣味:音楽鑑賞、映画鑑賞、日本拳法(平成5年 全日本拳法選手権大会 優勝)、格闘技、スケートボード、スノーボード、読書、インビザライン(マウスピース型カスタムメイド矯正装置)!

最近興味のあるもの:ヨガ、英会話、ダイエット

主な活動(研究発表・講演・学会参加・論文等)

正しく使おう!アライナー型矯正装置

矯正治療を専門に行っている先生方に向けて、アライナー矯正治療の基本的な治療の流れや適応症例の判別など正しく学べる情報をこの本にしました。

Journal of Clinical Orthodontics (JCO) Dr.佐本の論文「A Customized Staging Procedure to Improve the Predictability of Space Closure with Sequential Aligners」

世界的に有名な矯正歯科ジャーナルのJournal of Clinical Orthodontics (JCO)にDr.佐本の論文「A Customized Staging Procedure to Improve the Predictability of Space Closure with Sequential Aligners」が掲載されました。

2020年 10月

フランスレユニオン大学主催の勉強会で講演(オンライン)で講演

2020年 10月

APAC Virtual Symposium 2020(オンライン)で講演

2020年 10月

インビザラインマスターコース(オンライン)で講演

2020年 2月

第二回日本先進矯正歯科学会にて講演(東京)

2020年 2月

韓国ソウルにて講演 Invisalign Study Group

2019年 12月

昭和大学歯学部にて第5回日本アライナー医療研究会開催

2019年 12月

神戸臨床小児歯科研究会(KSCP)にて講演

2019年 11月

タイのバンコクで開催されたインビザラインマスタークラスで講演

2019年 11月

ベトナムのハノイで開催されたインビザラインマスタークラスで講演

2019年 10月

台湾の台北にてDr Tsaiのスタディーグループで講演

 

2019年 10月

第31回日本舌側矯正歯科学会(福岡)で講演

2019年 6月

タイのバンコクで開催されたICD学会で講演

   

2019年 6月

中国大陸の5都市における講演ツアー

 

2019年 6月

イギリスのロンドンで開催されたインビザライントップドクター会議で講演

 

2019年 3月

フランスの先生を対象に第2回インビザラインプライベートセミナーを開催

 

2019年 3月

デンタルダイヤモンド社から共著者として執筆した「正しく使おう!アライナー型矯正装置」が出版されました。

2018年 12月

世界的に有名な矯正歯科雑誌 J Clinical Orthodonticsに論文が掲載されました。
「Class II Correction with Weekly Changes of Computer-Generated Aligners: Distalize or Jump?」

2018年 12月

インビザラインレクチャー in ブラジル(リオデジャネイロ)にて講演

2018年 12月

臨床歯科CADCAM学会 第五回学術講演会にて講演

2018年 11月

神戸臨床小児歯科研究会 (KSCP)にて講演

2018年 11月

第4回日本アライナー医療研究会(昭和大学歯科病院)開催(大会長を拝任)

2018年 11月

インビザライン オルソサミット in ラスベガス にて講演

2018年 10月

インビザライン レクチャー in 香港 にて講演

2018年 9月

サウジアラビア矯正学会主催・第一回アライナー矯正学会(サウジアラビア)にて講演

2018年 9月

インビザライン アドバイザリーボード会議 2018 in 成都(中国)にて講演

2018年 9月

インビザライン フォーラム(東京)にて講演

2018年 8月

台湾矯正学会(Taiwan Orthodontic Society)にて講演

2018年 6月

Annual meeting of Guangdong Orthodontics association 広州市(中国)にて講演

2018年 6月

Xihu(西湖)Orthodontics Forum 杭州市(中国)にて講演

2018年 6月

China Teen Forum 重慶市(中国)にて講演

2018年 6月

Invisalign Master Course 大連市(中国)にて講演

2018年 6月

Invisalign APAC Summit in Singaporeにて講演

2018年 5月

インビラインレクチャー in Reunion 島 (フランス)にて講演

2018年 4月

大阪歯科大学矯正科にて講演

2018年 3月

InvisalignMaster Corse (東京)にて講演

2018年 3月

Invisalign South Asia Forum in Bangkok, Thailand にて講演

2017年 12月

第三回日本アライナー医療研究会開催 (東京)

2017年 12月

日本顎咬合学会・関東・甲信越支部学術大会(東京)にて講演

2017年 11月

神戸臨床小児歯科研究会KSCP(神戸)にて講演「小児患者におけるインビザライン治療」

2017年 11月

Align Technology Digital Ortho Symposium 2017(東京)にて講演「iTeroがもたらす診療への変化」

2017年 10月

インビザラインアドバイザリーミーティングに参加(ロシア)

2017年 10月

インビザライン 香港フォーラム(香港)にて講演

2017年 9月

台湾矯正歯科学会(TOS)(台湾)にて講演

2017年 7月

インビザライン Workshop in 韓国(ブサン)にて講演

2017年 7月

インビザライン Workshop in 韓国(ソウル)にて講演

2017年 7月

韓国矯正学会(KAO)(韓国)にて講演

2017年 7月

インビザラインマスターコース(大阪)

2017年 5月

WOMAN EXPO TOKYO 2017(東京ミッドタウン)にて講演

2017年 4月

インビザラインリフレシュセミナー in 韓国(ソウル)

2017年 4月

韓国舌側矯正学会(KALO)in(韓国)にて講演

2017年 2月

インビザラインステップアップセミナー/インビザラインマスターコース(東京)にて講演

2014年

「A Customized Staging Procedure to Improve the Predictability of Space Closure with Sequential Aligners」 Journal of Clinical Orthodontics 2014.

2003年

「Prostaglandin E2 Stimulates Bone Sialoprotein Expression through cAMP and FGF2 Response Elements in the Proximal Promoter of the Rat BSP Gene」 Journal of Biological Chemistry 2003.

とくひさ こうじ

徳久 幸司

Koji Tokuhisa

青山アール矯正歯科 大阪院院長

インビザラインドクター(アラインテクノロジー社認定)

インビザライン・ダイヤモンドプロバイダー

日本顎咬合学会認定医

ご挨拶

インビザライン(マウスピース型カスタムメイド矯正装置)治療において13年間で2700症例以上の実績のある東京院の佐本院長とともにより良い矯正治療を目指し、大阪院で治療を提供しております。インビザライン(マウスピース型カスタムメイド矯正装置)で矯正治療を行う患者様は毎年増加しています。
インビザライン(マウスピース型カスタムメイド矯正装置)が日本に導入された最初の頃から、海外のドクターと積極的に情報交換を行い、治療技術の向上に努めてまいりました。そのため、豊富な症例数をもとに、患者様に応じた実現性のある質の高い治療をご提案できると思います。

よい咬み合わせは、歯の健康を守る第一歩です。また、きれいな歯並びになると、自分に自信がもてます。矯正治療は人生を豊かにすることができると信じています。矯正治療に関してお悩みの方は、ご予約の上、矯正治療の相談にいらっしゃってください。ご来院を心よりお待ちしております。

出版物・受賞歴等はこちら

所属学会・資格

インビザラインドクター(アラインテクノロジー社認定)

インビザライン・ダイヤモンドプロバイダー

日本矯正歯科学会会員

日本顎咬合学会認定医

日本アライナー医療研究会(JAMSC)所属

日本歯周病学会会員

日本審美歯科学会会員

米国ツイード矯正アリゾナ・ツーソンコース修了

Stb舌側矯正アドバンスコース修了

Stb舌側矯正ベーシックコース修了

レベルアンカレッジシステムレギュラーコース修了

Pro Seedインプラント矯正アドバンスコース修了

Pro Seedインプラント矯正ベーシックコース修了

K.P.Sアドバンスコース修了

ムーシールド導入コース修了

略歴

明海大学 歯学部 卒

明海大学歯学部病院にて臨床研修

都内歯科医院勤務

2007年

青山アール矯正歯科(東京)勤務

2009年

7月より大阪院院長

主な活動(研究発表・講演・学会参加等)

2019年 4月

インビザラインインターナショナルアワード2018で一位を獲得

2017年

第29回日本舌側矯正歯科学会学術大会(大阪)

2017年

インビザラインデジタルシンポジウム参加(東京)

2017年

インビザライントップドクターズミーティング招待(東京)

2017年

インビザライン香港フォーラム参加(香港/中国)

2017年

インビザラインヨーロッパサミット参加(ドバイ/アラブ首長国連邦)

2017年

インビザラインフォーラム参加(東京)

2016年

日本アライナー医療研究会(JAMSC)参加(昭和大学歯学部)

2016年

第28回日本舌側矯正歯科学会学術大会参加(東京)

2016年

インビザラインフォーラム(東京)参加

2016年

インビザライントップドクターズミーティング招待(アラインテクロノジージャパン主催・東京)

2016年

公開講演「進化する歯列矯正」 にて講演(読売文化センター主催・大阪梅田ブリーゼにて)

2016年

第一回インビザラインアジアサミット参加(マカオ)

2016年

日本アライナー医療研究会(JAMSC)参加(昭和大学歯学部)

2015年

アラインテクノロジージャパン10周年記念フォーラム参加

2015年

第三回インビザライントップドクターズミーティング招待(アラインテクロノジージャパン主催・東京)

2015年

インビザラインヨーロッパサミット(バルセロナ/スペイン)

2014年

第ニ回インビザライントップドクターズミーティング招待(アラインテクロノジージャパン主催・東京)

2014年

インビザラインラスベガスサミット参加

2013年

第一回インビザライントップドクターズミーティング参加(アラインテクロノジージャパン主催・東京)

2013年

インビザラインヨーロッパサミット(ローマ/イタリア)

2012年

インビザラインラスベガスサミット

2011年

インビザラインアジアンサミット(プーケット/タイ)

2010年

インビザラインヨーロッパサミット大会(バルセロナ/スペイン)

2009年

第7回世界矯正歯科学会大会(シドニー/オーストラリア)

講演活動等

2016年 読売・日本テレビ文化センター主催 健康講座にて基調講演「大人と子供の進化する歯列矯正〜歯の生涯価値を考える〜」にて
演題 「20代からの自己投資 拡がる成人矯正」

第30回顎咬合学会(東京)
「マウスピースアプライアンスを用いて上顎大臼歯の遠心移動を行った一症例」
「マウスピースアプライアンスを用いて抜歯治療を行った一症例」

第71回日本矯正歯科学会(岩手)
「重度開咬症例におけるマウスピース型矯正装置の効果」

第70回日本矯正歯科学会(名古屋)
「小臼歯抜歯におけるマウスピースタイプ矯正装置の効果」
「マウスピース型矯正装置による上顎大臼歯遠心移動の効果-第3報」

第69回日本矯正歯科学会(横浜)
「マウスピース型矯正装置による上顎大臼歯遠心移動の効果-第2報」
「重度の叢生や開咬症例におけるマウスピース型矯正装置の有効性」
「マウスピース矯正における補助矯正装置併用治療の有効性-第3報」

第68回日本矯正歯科学会(福岡)
「マウスピース型矯正装置による抜歯用礼に対する補助的矯正装置の有効性―第2報」
「マウスピース型矯正装置による遠心移動の検討」

マウスピース型カスタムメイド矯正装置
(インビザライン)による
矯正治療について

通常費用 660,000円~1,100,000円(税込)
(難易度の高い症例では、追加費用110,000円(税込)がかかります)
※矯正治療は自由診療(保険外診療)です。

矯正治療の料金を詳しく見る

治療内容 マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)による矯正治療は、マウスピース型カスタムメイド矯正装置を1日20時間以上(目安)装着して歯を移動させる治療法です。1週間~2週間毎に新しい装置に交換します。
お口の状態によって、使用する装置の枚数、交換期間、治療期間等に違いがあります。

マウスピース型カスタムメイド矯正装置による
治療の流れを詳しく見る

主なリスク、副作用、注意点等
  • 正しい装着方法で1日20時間以上使用しない場合は治療期間が延長する可能性があります。
  • 治療完了後は後戻りを防ぐため、保定装置の装着が必要になります。
  • お口の中の状態によっては、治療計画通りの結果が得られない場合もあります。
  • 治療によって、まれに歯根吸収や歯肉退縮が起こる場合があります。
  • 治療途中でワイヤー治療への変更が必要な場合があります。
  • お口の状態によっては、マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)に加え、補助矯正器具が必要になる場合があります。
  • 薬機法対象外の矯正歯科装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)
のリスク・デメリットを詳しく見る

プライバシーポリシー

Copyright 2016 青山アール矯正歯科 All Rights Reserved.

トップヘ戻る