東京 青山・大阪 なんばのインビザライン(マウスピース型カスタムメイド矯正装置)マウスピース矯正専門歯科 青山アール矯正歯科
Facebook Instagram
東京

TEL.03-3746-4180

大阪

TEL.06-6561-4181

マウスピース型カスタムメイド矯正装置ができるまで

PROCESS

米国アライン社で製造されるマウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)は、従来のブラケットとワイヤーを使用する矯正とは、治療方法がまったく異なります。従来型の矯正は、固定式の装置に通したワイヤーの力を利用して歯を動かしていましたが、マウスピース矯正では現在の矯正ステージに合わせて少しずつ変化させてつくられたマウスピース(アライナー)を装着して歯を移動させます。

マウスピース型カスタムメイド矯正装置が、どのような工程を経て製造され、海を渡って患者様のお口の中に到着するのかをご説明いたします。

step01
歯列、咬み合わせの型どり

歯列、咬み合わせの型どり

東京院:光学3Dカメラを用いて精密かつ快適に型どりを行います。
大阪院:マウスピース型カスタムメイド矯正装置用の印象材を用いて歯型を採取します。1次印象、2次印象と、計2回の型取りをします。

step02
治療計画フォームの作成

治療計画フォームの作成

診査診断の結果と治療計画をアライン社に送るため、患者様個別の治療計画フォームを作製します。
それぞれの患者様にあった治療計画フォームを作成することでより実現性の高い治療プログラムができます。

step03
治療シミュレーション(クリンチェック)の作製

治療シミュレーションの作製

プログラマーは、アライン社が独自に開発した治療シミュレーションソフトを使用して、歯科医師から送られてきた治療計画を基に理想的なアーチや最終的な噛み合わせ、歯の動きをプログラムします。プログラマーの作製した治療シミュレーションを実際に治療可能なものにするため、医師がPCを通じて細かな指示を出します。 歯科矯正用治療支援プログラムを用いて歯科医師が歯の動きをチェックし、予測実現性の低い動きがあれば、指示を出して修正します。歯の動かし方・アタッチメント有無の変更や、IPRといった別の治療法との併用など、医師の矯正に対する理解や経験が、治療結果を左右します。 そのため、どこの歯科医院で治療を受けても、同じ治療シミュレーションになるとは限りません。
最終的に予測実現性が高い治療シミュレーションができあがると患者様同意のもとでアライナーの作製に入ります。

step04
アライナーの作製および日本への発送

アライナーの作製および日本への発送

歯科医師の承認を受けると米国の向上で製造ラインに沿って、機械的にカスタムメイドのマウスピース型矯正装置が作製されます。
患者様一人につき1週間~2週間ごとに替えるアライナーすべて(平均36個〜48個)が一度に作製されパッケージされます。
パッケージされたアライナーは箱に詰められて、海を渡り日本に送られてきます。治療シミュレーションがスムーズに行われれば、約1ヶ月で患者様のもとへ届きます。

step05
お口の中に装着 治療スタート

お口の中に装着 治療スタート

無事に装着されたら、ここからが治療の始まりとなります。
ドクターは1.5ヶ月〜3ヶ月ごとにモニタリングを行い、シミュレーションと同じように歯が動いているかチェックをします。
予想したとおりの動きが認められない場合は補助矯正をはじめとする様々な装置が必要になります。

マウスピース型カスタムメイド矯正装置
について

プライバシーポリシー

Copyright 2016 青山アール矯正歯科 All Rights Reserved.

トップヘ戻る