東京 青山・大阪 なんばのインビザライン(アライナー型矯正装置)マウスピース矯正専門歯科 青山アール矯正歯科
大阪院へのアクセス 東京院へのアクセス よくある質問
東京

TEL.03-3746-4180

大阪

TEL.06-6561-4181

ティーンズ矯正(中学生、高校生の矯正治療)

TEENS INVISALIGN

ティーンズ矯正は中学生、高校生を対象としております。小学生のお子様の矯正治療をお考えの方は、右のバナーより「小児矯正(キッズ矯正)」のページをご覧ください。

小児矯正
矯正装置の見た目を気にするのは大人だけではありません。
見た目のコンプレックスを取り除くことは思春期における心の成長を健全にします。

インビザライン(アライナー型矯正装置)による矯正治療は第2大臼歯(12歳臼歯)が生え揃う中学生の頃から可能です。マウスピースは透明で目立たず、取り外しが可能なため、従来の一般矯正の場合に心配されるスポーツや吹奏楽などへの影響が軽減されます。

中学生、高校生から矯正治療をスタートするメリット
メリット その1
歯を抜かないで矯正治療ができる確率が増加する

成人になってからの矯正治療は歯を並べるためのスペースの確保が困難な場合が多く、上下の歯の第一小臼歯(計4本)を抜かなければいけないことがあります。骨が未成熟で永久歯が完全に生えていない時期に矯正をスタートすることによりスペースを確保したりアゴを拡げたりすることが容易になります。それにより歯を抜かないで矯正治療を行うことができる確率が増加します。また早期にはじめることにより治療後の歯が安定します。

メリット その2
アゴの骨格的不調和を予防できる

第二次成長期にある中学生から矯正治療を始めることにより、歯並びの改善とともに上下のアゴの成長バランスを整えることができます。上下のアゴに前後的なズレのある場合は上下のマウスピースにゴム(顎間エラスティック)をかけてアゴの成長をコントロールします。

メリット その3
歯を大切にするモチベーションを向上させることができる

歯に関心の低い時期にブラケットをつけると虫歯や歯肉炎になるリスクが非常に高くなります。取り外し式のインビザライン(アライナー型矯正装置)を使用すればいつものように歯ブラシができるため、虫歯になるリスクを減少できます。当院では矯正治療と並行してブラッシング指導も行い、歯を大切にするモチベーションを向上していきます。

中学生、高校生のインビザライン(アライナー型矯正装置)矯正治療例

CASE

01

初診時年齢
15歳
性別
女性
治療期間
2年4ヶ月
治療前
治療後

CASE

02

初診時年齢
14歳
性別
男性
治療期間
2年11ヶ月
治療前
治療後
インビザライン(アライナー型矯正装置)の副作用、リスク、及びデメリット

・1日20時間以上使用しない場合は治療期間が延長する可能性があります。

・インビライン単独では治せないケースがありますので、治療途中でワイヤー治療に変更する場合があります。

・歯科医師の経験や技術によって治療計画が異なってくる場合がありますので、治療結果は歯科医師およびクリニックの臨床経験に左右されます。

・インビザラインでは移動が困難な歯もございますので、補助矯正器具が必要な場合があります。

プライバシーポリシー

Copyright 2016 青山アール矯正歯科 All Rights Reserved.

トップヘ戻る