東京 青山・大阪 なんばのインビザライン(マウスピース型カスタムメイド矯正装置)マウスピース矯正専門歯科 青山アール矯正歯科
Facebook Instagram
東京

TEL.03-3746-4180

大阪

TEL.06-6561-4181

大阪院 徳久院長のブログ
BLOG-OSAKA

2014.05.06

日々のこと

マウスピースで歯列矯正した、抜歯をしないで反対咬合を治す。

インビザラインで反対咬合を治療する場合についてご紹介します。


反対咬合の場合、いくつか選択肢があります。
①抜歯をしない
②下の前歯を一本抜歯をする
③下の第一小臼歯を2本抜歯する
④手術する。
などです。

特殊な場合を除いて、上記の4つのパターンにわかれると思います。

今回は抜歯をしないで反対咬合をインビザライン治療する場合についてご紹介します。

矯正治療の計画を立てる場合は、歯並びだけでなく、骨格も考慮して治療を行います。
手術が必要な場合を除き、なるべく非抜歯で治療できないか考えます。

今回ご紹介する写真は抜歯をしないで、下顎にIPRを行い治療を行った場合です。
矯正治療終了後にホワイトニングを行っていますので、より綺麗な歯並びが完成しています。


クリンチェックもご覧下さい。

治療前

治療後

治療前(上顎)

治療後(上顎)

治療前(下)

治療御(下)

治療前(右)

治療後(右)

上下の歯の本数を数えれば、歯を抜いていないことが確認できます。

インビザライン治療では、反対咬合も歯を抜かなくても治療ができる場合がよくあります。

青山アール矯正歯科大阪 
 大阪院院長 徳久幸司

プライバシーポリシー

Copyright 2016 青山アール矯正歯科 All Rights Reserved.

トップヘ戻る