東京 青山・大阪 なんばのインビザライン(アライナー型矯正装置)マウスピース矯正専門歯科 青山アール矯正歯科
大阪院へのアクセス 東京院へのアクセス よくある質問
東京

TEL.03-3746-4180

大阪

TEL.06-6561-4181

東京院 佐本院長のブログ
BLOG-TOKYO

2012.03.18

日々のこと

ヨーロッパ矯正学会(EOS)へ

ヨーロッパ矯正学会(スペイン)へダメもとで投稿していた演題がアクセプトされたので今年6月にスペインに行く事になりました!

 

ヨーロッパ矯正学会(EOS)へ



ポスターセッションですが、どうせ出すなら今一番自分が報告したいテーマという事でインビザライン治療で最も難易度が高い上下顎前突症の上下小臼歯4本抜歯を行って治療したケースについて演題を投稿したのですが、意外にすんなりとアクセプトされました。提出すれば通るものなのかもしれませんが、今回あまりにもクリニカルな内容とタイトルがかなり直球でしたので、もしかしたらリジェクトされてもおかしくないなと思ってました。ですのでアクセプトされてとても嬉しいです。インビザライン治療において小臼歯4本抜歯ケースに関しては2006年にDr. ウーマックがJCOに「Four-Premolar Extraction Treatment with Invisalign」を発表しましたが、論文を読んでみるとワイヤーとブラケットは使用していませんでしたが、実際にはパワーアームというブラケットの様な固定式装置を併用していましたので実質的にはインビザライン単独で行った発表ではありませんでした。それ以来、海外のインビザライン学会での発表や論文などによる小臼歯4本抜歯ケースのインビザライン単独による治療法に関する報告がありませんでしたので、今回「Aligner Treatment of Four-premolar Extraction without Fixed Appliance」というテーマで私のクリニックで成功したインビザライン単独ケースのクリンチェックデザインとモニタリング方法を分析し、世界に向けて発表したいと思います!とても楽しみですね!


ところで、

来週は中目黒のアラインジャパンのオフィスで中国在住の矯正の先生方へインターネットを用いた生放送のインビザラインセミナーを行う予定です。中国の先生方への講演なんて今までしたことがないですし、さらにインターネットで行うスタイルなので自分の中でまったく未体験ゾーンです。自分の英語力もダメダメなのでどうなることやら正直まったく予想不可能ですね(笑)。今その講演の準備にとりかかっています。また今度結果をご報告します。

今年は講演の機会を頂くことが多くなりました!6月にはインビザラインセミナーで名古屋と福岡へ、10月にはアジアンインビザラインサミット(マカオ)で講演を予定しています。緊張しっぱなしの気の抜けない1年になりそうですね。

多数のご参加お待ちしておりますm(_ _ )m

理事長・東京院 佐本 博

院長紹介
プライバシーポリシー

Copyright 2016 青山アール矯正歯科 All Rights Reserved.

トップヘ戻る