東京 青山・大阪 なんばのインビザライン(アライナー型矯正装置)マウスピース矯正専門歯科 青山アール矯正歯科
大阪院へのアクセス 東京院へのアクセス よくある質問
東京

TEL.03-3746-4180

大阪

TEL.06-6561-4181

東京院 佐本院長のブログ
BLOG-TOKYO

2010.11.28

日々のこと

日本成人矯正学会セミナーで

無事に日本成人矯正歯科学会セミナーでの講演を終えることができました!

満員御礼。ありがとうございました。

講演前に「インビザラインで矯正治療をしたことがある方?」

と質問をさせて頂きましたところ1割いないくらいの先生方が挙手されました。

まだまだインビザラインを積極的に導入している先生の数が少ないことを実感しました。

今回の講演は「プラスティックアプライアンスの可能性を探る」というテーマでしたので、

私のクリニックでワイヤーを使わずにインビザラインで治療した様々なケースをお見せしました。

重度叢生(ガタガタ歯)、上顎前突、下顎前突、重度過蓋咬合(ディープバイト)、開咬(オープンバイト)、上下顎前突、上下4本小臼歯抜歯症例、大臼歯の遠心移動、治療計画の立て方(クリンチェック)、インビザラインで治療が難しい症例について、すべてを1時間につめこんで講演させて頂きました。

今回来て頂いた先生方にインビザラインの有効性を是非知って欲しい、聴いて欲しいという思いで、見せたいこと、話したいことをいっきに詰め込み過ぎましたm(_ _ )m

私的にはインビザライン治療の可能性をすべてさらけ出したつもりですが、今思うと1時間で話すには無理がありましたね。。。

さらに私は話が苦手で、下手ですので内容が分かりづらかったかもしれません。聴いていた妻の採点は60点あせる

しかし今回は一発入魂の思いで、僕が現段階でインビザライン治療に感じること、可能性、テクニック、ケースすべてを嘘偽りなく正直に公開しました。

インビザラインによる矯正治療の可能性は十分に感じて頂けたと思います。

今回講演した内容が来て頂いた先生方の矯正治療にいつかきっとお役に立てると信じております!

寒い中、遠方より講演を聴きに来て頂きましてありがとうございました。

最後にこのような機会を頂きました日本成人矯正学会関係者ならびに学術委員の皆様に深く御礼申し上げます。


P.S.
写真で私の右は渡辺矯正歯科院長の渡辺和也先生です。アソアライナーで著名な先生で、プラスティックアプライアンスの様々なテクニックを披露され、とても勉強になりました。
少ししかお話しできませんでしたが矯正医としても人間としても素晴らしい先生だな~と感じました。

 
 
日本成人矯正学会セミナーで

理事長・東京院 佐本 博

院長紹介
プライバシーポリシー

Copyright 2016 青山アール矯正歯科 All Rights Reserved.

トップヘ戻る