東京 青山・大阪 なんばのインビザライン(マウスピース型カスタムメイド矯正装置)マウスピース矯正専門歯科 青山アール矯正歯科
Facebook Instagram
東京

TEL.03-3746-4180

大阪

TEL.06-6561-4181

東京院 佐本院長のブログ

BLOG-TOKYO

2014.01.22

日々のこと

2014年2月8(土)、9(日)に沖縄県市町村自治会館で開催される第9回九州矯正歯科学会にて講演します。

講演のタイトルは「米国式マウスピース矯正治療ができること」です。

講演の時間が1時間ですので、インビザライン治療のノウハウをお伝えするには、
とても時間が足りませんが、なるべくたくさんのケースを見て頂きながらインビザライン治療の可能性を広く浅く知って頂き、この講演が九州、沖縄の先生方のインビザライン治療を初めるきっかけになって頂けるよう頑張りたいと思いますビックリマーク

興味のある方は是非会場まで足をお運び下さい

2014.01.14

日々のこと
先日の日曜日にアライン社とオーソデントラム社の共催の矯正セミナーが開催されました。
 
海外より米国のテキサスで開業され、講演などでアメリカ矯正歯科学会(AAO)でご活躍のインビザラインとカリエールディスタライザー治療で著名なDr.コルビルが、国内では私と賀久浩生先生が講演を行いました。
 
連休中にもかかわらず大勢の先生が足をお運び下さり感謝申し上げます。
 
遠方より来られた先生もたくさんいらっしゃいました。
 
やはり矯正医であれば関心のある大臼歯の遠心移動をテーマに、違うメーカーが共同で行った今までにない興味深い企画であったと思います。
 
アライン社の「インビザライン」、オーソデントラム社の「カリエルディスタライザー」によるそれぞれの遠心移動の特長がよく理解できたセミナーであったのではないかと思います。


以下アライン社の方に撮って頂いた写真をもとに振り返りたいと思います。

私の講演のタイトルは「インビザラインによる様々な大臼歯遠心移動について」でした。

大臼歯遠心移動はインビザラインによる矯正治療の特長の一つなのですが、これにより従来であれば第一小臼歯を抜かなければ改善できなかった上顎前突ケースのほとんどが抜かなくても治せるようになります(プロファイルの改善が必要なケース、特殊なケースは除く)。

これは矯正治療学の歴史的にも大きな飛躍であると思いますが、決して簡単ではありません。インビザラインによる大臼歯遠心移動に必要な基本的な考え方、クリンチェックデザイン、ケースマネージメント、注意すべき点に関して私独自の考えを述べさせて頂きました。
 
スライドで示したように、今までの遠心移動装置では様々な理由で遠心移動が積極的に行われませんでした。
 
しかし、なぜインビザラインでは可能なのかというお話をさせて頂きました。
 

インビザラインによる大臼歯の遠心移動については過去に日本矯正歯科学会で3年にわたり発表させて頂いたのですが、その時の研究テーマとして検証してましたベストな歯の移動様式(クリンチェックデザイン)、それによるアンカレッジロスの量、Ⅱ級エラステイックの必要度などについて様々なⅡ級症例をご紹介しながらお話させて頂きました。
 
サマリーのスライドです。結論としてインビザラインによる大臼歯の遠心移動は可能であること、それにはゴムの使用が不可欠であること、そしてフルクラスⅡ級のシビアな遠心移動は難易度が高く、豊富なインビザライン治療経験(抜歯ケースを改善できる技術)が必要であることなど私の考えを述べさせて頂きました。
私の後は、賀久先生とコルビル先生の講演がありました。お二人ともインビザラインとカリエールディスタライザーを駆使した素晴らしいケースを見せて頂き、これからの矯正治療の可能性がさらに拡がったように感じました
 

コルビル先生のスライドから拝借。これがカリエールディスタライザーです。
これを上顎の犬歯と第一大臼歯に接着し、ゴムで上顎大臼歯を奥に動かしていきます。

インビザラインと併用することにより、遠心移動期間の短縮ができるとのことでした。また、審美的にもクリアな物ができるそうで、とても期待が持てる装置ですね!

今後使用してみたいです。

講演終了後、聴きに来たアールのスタッフと、コルビル先生と記念撮影をしました。

そして夜はコルビル先生と奥様、そして賀久先生と今回主催された関係者の方々とご一緒に都内のレストランで反省会をかねた打ち上げを行いました 

今回のセミナーはそれぞれの先生が違った角度から遠心移動のアプローチを行ったので、とても参考になる、意義深いセミナーになったのではないかと思っています。

講演を通じて得られる国内外の素晴らしい先生との出会いに感謝しながら、明日からの臨床にまた頑張っていきたいなと思いました。

このたびはこのような機会を頂き、関係者の皆様に深く御礼申し上げます

 
 

 
 

2014.01.09

日々のこと

明けましておめでとうございます!

本年もよろしくお願い致します。

年末年始は妻の実家の青森へ里帰りし、心をリセットすることができました

実家近くの神社で初詣。

雪の降り積もった神社は風情があって好きです。お正月を雪国で過ごせるのは本当に嬉しいです。

おみくじは吉でした

そして毎年恒例の親戚家族と安比でスノーボードを楽しみました!

年1回のスノーボードなのに子供たちの上達ぶりに驚かされました

自分も含めてみんなこの時のために1年間頑張ってる感じです笑。

仕事初めの日は青山熊野神社に参拝。

 
神恩感謝。今年も頑張ります!

今年最初のクリニックのお花は美しい胡蝶蘭でした。

見ているだけで元気になりますね

今年も皆さんよろしくお願いします!

1

理事長・東京院 佐本 博

院長紹介
プライバシーポリシー

Copyright 2016 青山アール矯正歯科 All Rights Reserved.

トップヘ戻る