東京 青山・大阪 なんばのインビザライン・マウスピース矯正専門歯科 青山アール矯正歯科
アクセス・診療時間
東京

TEL.03-3746-4180

大阪

TEL.06-6561-4181

矯正治療の必要性

NECESSITY

矯正治療を希望する方で、最も多い理由は「見た目をよくしたい」というものです。
もちろん見た目をよくするのはとても大事なことですが、歯並びが悪いことはそれだけの問題ではありません。体全体の健康に大きく影響するものなのです。
歯並びが悪いことは、どのような問題なのか?矯正治療の必要性をご説明いたします。

歯並びが悪いことによる悪影響

むし歯や歯周病になりやすい

歯列がガタガタの場合、唾液の流れが悪くなることや、口唇や舌が歯の面に触りにくいため、自然に備わっているはずのプラークの除去効果が抑制されます。さらにブラッシング時の歯ブラシの毛先が歯面にあたりにくいため、磨き残しによる歯垢(プラーク)が溜まりやすくなります。放っておくと虫歯や歯周病の原因になり、結果的には歯を失うことになります。

よく噛めない

歯並びが悪いと正しい咬み合わせは出来ません。奥歯が歪んでいるとそのしわ寄せが前歯にもでてきます。そのため前歯で食物を噛みきることが難しくなり、まる飲みのクセがついてしまいます。そのため、 胃腸にも大きな負担を与える事になってしまいます。また、左右のバランスがとれていない歯列は体のバランスにも影響します。アゴが痛くなったり、肩がこりやすくなったりします。

アゴの成長、顔のかたちに悪い影響を及ぼす

アゴの骨や顔の筋肉は、正しく咀嚼することで発達します。不正咬合だと正しい咀嚼が不可能になり、アゴの成長が未発達になったり、顔が歪んでしまったりする影響がでてきます。また記憶力をはじめとする脳の働きにも影響すると言われています。

口元が目立つ

歯並びが悪いとコンプレックスの原因になります。自分の歯並びや口元の突出感が気になり、人とのコミュニケーションが消極的になります。会話や笑ったりする時までも、 知らず知らずのうちに、口元を手で隠したりしてしまいます。社会生活にストレスがたまったり、歯ぎしり、肩こりや、姿勢も悪くなる原因となります。

発音しにくい

咬み合わせの状態によって、さまざまな発音障害がでてきます。ガタガタによる狭い歯列は正常な舌の動きを抑制し、正しく発音することが難しくなります。また、前歯が咬んでいないと話している時に空気が抜けてしまい、とくに英語などの外国語の発音が難しくなります。歯並びの不正は他人とのコミュニケーションに影響します。

プライバシーポリシー

Copyright 2016 青山アール矯正歯科 All Rights Reserved.

トップヘ戻る