東京 青山・大阪 なんばのインビザライン(マウスピース型カスタムメイド矯正装置)マウスピース矯正専門歯科 青山アール矯正歯科
Facebook Instagram
東京

TEL.03-3746-4180

大阪

TEL.06-6561-4181

大阪院 徳久院長のブログ

BLOG-OSAKA

2012.01.06

日々のこと

お子様の歯並びを気にされている保護者の方から、「子供は何歳からインビザライン治療ができるのですか?」とのお問い合わせを受けることがあります。

基本的にインビザラインは歯をつかんで動かすというマウスピース矯正の特性上、親知らずを除く永久歯が全部完全に萌出している状態が望ましいです。

つまり上顎の第二大臼歯(12歳臼歯)が生え終わる中学生になった頃がインビザライン矯正をスタートすのるに適切であると考えられます。

同じ年の中学生でも、第二大臼歯の萌出状態により治療開始時期が大きく影響します。

しかし、近年になって、乳歯抜歯と永久歯の萌出をプログラムできる10代向けの「インビザライン・ティーン」というシステムが開発され、第二大臼歯がまだ生えきっていない状態でもインビザライン矯正治療を開始できるようになりました。

それにより小学校高学年でもインビザラインをスタートできるお子様が増えてきました。

下の写真は当院で小学6年生の12歳でインビザライン・ティーンで治療を開始した2名の患者様の口腔内写真です。

治療例1

上顎の大臼歯の遠心移動(奥歯を後ろに動かします)を行い、歯を抜かないで矯正治療を行いました。

矯正治療後は 上の奥歯が後ろに移動し正しい咬み合わせを得られました。

また前歯が後ろに下がって、上顎前突が改善されています。

治療例2

上顎の側方拡大(歯列を横に広げます)を行いガタガタを除去しました。

前歯のガタガタが大きく改善しているのが確認できます。

当院のインビザラインティーンのページを参考にしてみてください

1
プライバシーポリシー

Copyright 2016 青山アール矯正歯科 All Rights Reserved.

トップヘ戻る