東京 青山・大阪 なんばのインビザライン(アライナー型矯正装置)マウスピース矯正専門歯科 青山アール矯正歯科
大阪院へのアクセス 東京院へのアクセス よくある質問
東京

TEL.03-3746-4180

大阪

TEL.06-6561-4181

東京院 佐本院長のブログ
BLOG-TOKYO

2012.03.31

日々のこと

インビザラインセミナー中国

ニーメンハオ。チューツジェンメン。ウォーダーミンズーシィー、ズォベンブォー。ジンティエン チン ドゥオー  ドゥオー グゥアン ジャオ。 ツォン シェン ツァイ ウォー シュオー リーベンフゥア

先日は中目黒にあるアラインジャパンのオフィスでインターネットを使って中国の先生にインビザライン治療についての講演をさせて頂きました。中国語が堪能な大阪クリニックの徳久先生に教えてもらい冒頭に中国語でご挨拶させていただきましたが、発音が悪くて正直伝わってなかったような感じですね(笑)。済みません。

私の名前は 中国語でゾーベンボーと言います。人生で初めて知った自分の名前の中国読みになんか不思議な驚きがありますね!


中国語でこんな感じで自分が紹介されてました。なんか嬉しいですね。

今回、インビザライン装置の他の矯正装置にない革新的な特長(デジタルセットアップモデルによる診断、大臼歯遠心移動など)や、難易度が高いケース(抜歯ケース)におけるクリンチェックデザインの注意点について、11ケースをお見せしながらレクチャーさせて頂きました。

 


中国語は話せませんし、自分の英語だと1時間半の間、中国の先生にかなり聞き苦しい思いをさせてしまうと心配してましたが、アライン社の方に日本語から英語での同時通訳して頂いたので、無事に講演を終えることができました。優秀なアライン社の皆さんのお蔭で、準備から発表に至るまで本当に助かりました。感謝致します。

中国では昨年の5月よりインビザラインがスタートしたばかりなのと、日本人と同じシビアなケースが多いことで、インビザラインの有効性、クリンチェックデザイン、リカバリーテクニックについて興味深く聴いて頂けたと思います。

また機会があれば講演させていただきたいと思います!

理事長・東京院 佐本 博

院長紹介
プライバシーポリシー

Copyright 2016 青山アール矯正歯科 All Rights Reserved.

トップヘ戻る