東京 青山・大阪 なんばのインビザライン(アライナー型矯正装置)マウスピース矯正専門歯科 青山アール矯正歯科
大阪院へのアクセス 東京院へのアクセス よくある質問
東京

TEL.03-3746-4180

大阪

TEL.06-6561-4181

東京院 佐本院長のブログ
BLOG-TOKYO

2012.12.05

日々のこと

神戸臨床小児歯科研究会(KSCP)にて

先日、神戸の生田神社会館で開催された神戸臨床小児歯科研究会(KSCP)で、「最新のマウスピース矯正治療について」というタイトルでインビザラインによる矯正治療について講演させて頂きました。

会場のある生田神社。

マカオでのインビザラインノースアジアサミットで講演させて頂いた内容を少し変更して、講演させて頂きました。

インビザラインの適応症例はクリンチェックデザインの工夫、エラスティックテクニック、補助矯正のテクニックを向上する事でどんどん拡がって行くということと、小児矯正においても使用の仕方によってはとても有効的なツールであることをお話しさせて頂きました。

会場内の様子です。


最後にKSCP関係者の先生方と記念写真を撮りました。

KSCPは創立41年を迎えます。当会が創立された当時は小児歯科の治療を対応出来る歯科医師も少なく、多くの先生方が日頃の小児疾患への対応に苦慮されていました。
そのような時代に小児患者のへの対応を普及させることを目的としてKSCPは東京医科歯科大学小児歯科学講座教授の落合靖一先生を顧問としてお迎えし、僕の父により創立致しました。

父が他界してからも20年以上も父と親しくしていた周りの先生方に支えられ、継続してきた歴史ある勉強会で講演させて頂くことになりとても感慨深く思います。KSCPを長い間支え続け、今回このような機会を企画して頂きましたことを御礼申し上げます。

新たな50周年に向けて僕なりに矯正治療の分野でKSCPに貢献し、感謝の気持ちを還元出来れば幸いかと思います。今後ともよろしくお願いします!
ありがとうございました!

理事長・東京院 佐本 博

院長紹介
プライバシーポリシー

Copyright 2016 青山アール矯正歯科 All Rights Reserved.

トップヘ戻る