東京 青山・大阪 なんばのインビザライン(アライナー型矯正装置)マウスピース矯正専門歯科 青山アール矯正歯科
大阪院へのアクセス 東京院へのアクセス よくある質問
東京

TEL.03-3746-4180

大阪

TEL.06-6561-4181

東京院 佐本院長のブログ
BLOG-TOKYO

2013.06.20

日々のこと

昭和大学矯正科でインビザラインについて講演しました。

先日、昭和大学歯学部歯科矯正学講座でインビザライン治療について講演しました。

昭和大学歯学部歯科矯正学講座は大学を卒業して間もない15年前に見学研究生として少しばかり在籍させて頂いてました。当時から矯正治療を学びたい先生が全国から集まる人気の名門講座です。現在においても歯科大学として日本で一番最初にインビザラインを導入し、次世代型のブラケット「マニューバー」の開発など、槇教授を中心に他の大学の追随を許さない先見性のある臨床研究や開発に貪欲に取り組んでられます。

そんな憧れだった矯正学講座で講演させて頂くことができ、とても光栄に思います。

15年ぶりの矯正科だったのですが、診療室は一部リフォームされていましたが当時の面影が残されていました。タイムスリップしたような不思議な気分でした。

案内して頂いた矯正1、2年目の先生に聞くと、仕事が多くて帰宅が翌日になることが多いそうです。昔と変わらずハードな研修システムの中で矯正治療学の基礎と技術とプライドを学んでいるのだなと感心しました。それなりの覚悟がないと入局できないので、いい人材が集まり育っていくのでしょうね。

今回は「The Dawn of Orthodontic(矯正治療学の夜明け)」というタイトルでお話しさせて頂きました。

タイトル名はスタンリー・キューブリックの「2001年宇宙の旅」の冒頭シーンで謎の石板「モノリス」が遠い昔の地球上に突如現れたシーン名から拝借しました。

私には映画のモノリスとインビザラインが同じような存在に思えたからです。


講演では好き勝手にいろいろ自説を展開しましたが、その一つでも昭和大学矯正科の先生方の矯正治療のお役に立てればと願っていますm(_ _ )m

理事長・東京院 佐本 博

院長紹介
プライバシーポリシー

Copyright 2016 青山アール矯正歯科 All Rights Reserved.

トップヘ戻る