東京 青山・大阪 なんばのインビザライン(アライナー型矯正装置)マウスピース矯正専門歯科 青山アール矯正歯科
大阪院へのアクセス 東京院へのアクセス よくある質問
東京

TEL.03-3746-4180

大阪

TEL.06-6561-4181

東京院 佐本院長のブログ
BLOG-TOKYO

2013.10.19

日々のこと

インビザラインセミナー in 中国(北京)その1

先日、アライン(上海)社に招待されて、インビザラインセミナーを中国の北京で行いました。
 
Dr Samoto’s lecture in Beijing と題され2日にわたり、別々の会場で行われました。
 
1日目は北京市内のホテルの中で、開業医の先生を対象にレクチャーしました。
 
2日目は北京市内にある首都医科大学の歯学部で矯正医を対象にレクチャーしました。
 
昨年のマカオに続き2回目の中国なのですが、マカオは特殊な街なので今回がある意味、人生初の中国に来た感じがします。
 
その時の模様を自分で撮ったり、撮って頂いた写真を使いながら振り返りたいと思います。
 

講演の前前日の夜に北京入りしました。これが北京空港です。思った以上に近代化されたデザインの空港でびっくりしました。空港の外に出ると少し空気に匂いがしました。もしかしたらそれがPM2.5の匂いなのかもしれませんがすぐに慣れてしまい臭わなくなりました。誰もマスクとかしていないので自分もしませんでした。

空港にはアライン北京の社員でもあり歯医者でもある、Dr.Leonard Zhao (リオ)先生が迎えにきてくれました。彼は昨年まで軍に所属していて軍医をしていたそうです。その後アライン社に入社したそうです。とても明るくて、親切でした。翌日も僕を北京観光に連れてってくれました。

会場であり宿泊先である北京レインボウホテルロビー。

翌日の朝ホテルの部屋から外を見ると、中国の古い街並が隣接していました。
たくさんの家が凄い密集しています。日本にはない距離感で驚きました。
北京はあまり天気が良くないそうで、晴れの日よりも曇りが多いそうです。

翌日の朝から人力タクシーに乗り、北京観光に連れてってもらいました。


二人で人力タクシーになりながら、北京の古い町並みを観光中。

家が密集する細い路地をスルスルと通り抜けながら、

リアルな中国の人々の生活が垣間みれてとても面白かったです。

街で中国将棋を楽しんでる人々を発見。こういうのりは日本でも普通にあればいいのになと思います。

天安門にも行きました。

天安門近くのショッピング街。

そこにあったスターバックスでとりあえずラテを買いました。もちろん味は一緒です。

お昼にレストランへ。

本場の北京ダックを頂きました。やはり美味しかったです!

夜は近代化された街の方へ行きました。

アライン社の皆様に中国の俳優が経営しているという高級店に夕食を招待して頂きました。

中国本場の中華料理をたくさん食べさせて頂きました。中華好きなので至福の時間でした。

左から中国で開業されているDr. Yu Jianming、アメリカのボストンで長い間矯正医として働いてたそうです。中国に帰国してから積極的にインビザライン治療に取り組んでられます。インビザライン治療に熱い情熱を感じました。

左から2人目は通訳を担当して頂いたDr.徐輝、日本の東京医科歯科大学の矯正科、東北大学の矯正科にもいたので日本語が上手です。いつも笑顔の暖かい人柄でとても心が癒されました。今回唯一日本語が話せる方でしたのでたいへんお世話になりました。

左4人目からアライン社のDr.Lisa Fu、Dr.Zhou、Dr.Zhao 

今回のレクチャーを企画し、私を北京に招待して頂きました。

皆様の至れり尽くせりのおもてなしに心より感謝します。

明日からの講演を頑張らねばという思いになりました。



その2へ。

理事長・東京院 佐本 博

院長紹介
プライバシーポリシー

Copyright 2016 青山アール矯正歯科 All Rights Reserved.

トップヘ戻る