東京 青山・大阪 なんばのインビザライン(アライナー型矯正装置)マウスピース矯正専門歯科 青山アール矯正歯科
大阪院へのアクセス 東京院へのアクセス よくある質問
東京

TEL.03-3746-4180

大阪

TEL.06-6561-4181

東京院 佐本院長のブログ
BLOG-TOKYO

2016.08.30

日々のこと

日本アライナー医療研究会 第二回研究会のお知らせ

今年の12月11日(日)に第二回日本アライナー医療研究会を開催いたします。

 

参加希望の先生方は下記の案内文を参考に以下にアドレスにメールしてください。

 

jamsc@jamsc.com  

 

 

日本アライナー医療研究会 第二回研究会のお知らせ

 

 

各位

 晩夏の候、皆様におかれましてはますますご発展のこととお喜び申しあげます。このたびは、今年の三月に発足致しました日本アライナー医療研究会の第二回の開催場所と開催日が決定致しましたのでご報告致します。

 ご連絡が遅くなりましたことをお許し下さい。

 

日時:平成28年12月11日(日) 10:30~16:00

 場所:昭和大学歯科病院臨床講堂(東京都大田区北千束2-1-1

 参加費:2000円(昼食代込み)

 

 第1回研究会では約82名の先生が参加され、8人の先生にディスカッション症例を共有して頂きました。

参加された先生から以下の感想を頂きました。

l   実践的な内容でとても良かった。

l   いろいろな先生のお話をきくのは大変参考になった。

l   矯正の基本を改めて学ぶことができた。

l   難易度の判別の参考になった。

l   日常の疑問点の解消になった。

 

また、以下のご要望も頂きました。

l   時間をもっと長くしてほしい。

l   年に数回開催してほしい。

l   広く浅くと狭く深くの両方のセミナーをお願い致したい。

l   クリンチェックのステージングについて思考プロセスを詳しく知りたい。

l   様々なケースにおいてクリンチェックを行うための討論会をしてほしい。

l   初診→クリンチェック→フィニッシュの一連の流れのケースをみせてほしい。

l   不正咬合におけるクリンチェックを細かく教えてください

l   今までワイヤー治療がメインだったので、そのままの考え方をアライナー治療にあてはめて考えてしまう。その部分を詳しくお伺いしたい。

 第二回研究会においては、午前中の基礎講義として、ブラケット法との違いを明確にする最新の研究結果の紹介も加え、上記のご要望に出来るだけお応えするとともに、午後のケースディスカションでは、皆様から寄せられた症例をもとにして、その解決策をさらに深く討議し、参加者全員で新たな知識を共有できればと思います。

 

第二回の詳細な授業内容に関しては参加希望の先生のみに後日メールする予定です。

 

参加希望の方は下記の例を参考に返信メールで名前、クリニック名、参加希望するかどうか、症例発表を希望するかどうかをご入力してください。

 

 

例)

 

田中 博

 

田中歯科クリニック

 

第二回研究会に参加希望する(しない)

 

症例発表を希望する(しない)

 

 

                         日本アライナー医療研究会事務局

理事長・東京院 佐本 博

院長紹介
プライバシーポリシー

Copyright 2016 青山アール矯正歯科 All Rights Reserved.

トップヘ戻る