東京 青山・大阪 なんばのインビザライン(マウスピース型カスタムメイド矯正装置)マウスピース矯正専門歯科 青山アール矯正歯科
Facebook Instagram
東京

TEL.03-3746-4180

大阪

TEL.06-6561-4181

東京院 佐本院長のブログ
BLOG-TOKYO

インビザラインサミット in バルセロナ

6月10日11日にインビザラインサミットがスペインのバルセロナで開催されました。

このサミットは2年に1回行われています。ヨーロッパのドクターを中心とした矯正歯科医が集まり、講演を開き、最新の治療法を紹介しています。参加できなかった佐本先生に代わりサミットでの最新事情を報告します。 (Reported by 徳久)

インビザラインサミット in バルセロナ

会場内では来年以降に導入される、新型のクリンチェックが展示されていました。歯科医が設計する要素が非常に高くなります。インビザラインによる歯の移動やアタッチメントの形などについての経験値がますます重要になってくると思います。

歯の印象採得に関しては、セレックのように光で印象採得ができるようになります。今回のサミットで一番驚いた革新的な出来事でした。

インビザライン使用者は、すでに世界で150万人を超えています。

 

インビザラインシステムには、毎年のように新しい技術が導入されていますので、最新の事情を知るためにインビザラインサミットへの参加は欠かせません。

 

日本でも毎年25%の割合でインビザラインを選択する患者様が増加していると報告がありました。

今までよりも効率のよい歯の移動を実現するために240人以上のスタッフが技術開発を常に行っていると報告していました。

しかもロシア、テルアビブ、アムステルダムと研究機関を世界中に配置しているようです。日本では考えられないほどグローバルに活動しています。

 

これを聞くと、インビザラインの進化の速さも納得しました。

アメリカとヨーロッパ以外で500症例以上の経験を持つ5人のドクターの名前が紹介されました。

 

当院の佐本院長もその中に入っており、会場から大きな拍手が起こっていました。

非常にうれしく感動的でした。

 

これも当院へご来院いただいた患者様のお陰と感謝しております。

日本でのインビザラインの牽引役として当院もますます精進していきたいと思います。

もちろん、ビッキー(アラインテクノロジーインストラクター)も講演者として参加しておりました。

抜歯症例のストラテジーに関しての講演を行っていました。

青山アール矯正歯科では、ビッキーと抜歯症例についての治療法に関して、これまでにも症例検討をたまにさせていただいています。

体系的にまとめられていました。

演題の話の途中で槇教授や佐本先生の抜歯症例の豊富さについても触れていただきました。

日本のアラインテクノロジー・ジャパン代表の福村社長と一緒にパチリ。

 

今回のサミットでは福村社長、松尾取締役、カスタマーサポートの久保様、営業の河野様には大変お世話になりました。

非常に有意義なサミットになりました。

今後のアラインテクノロジーの展望に大きな可能性を感じさせていただきました。

最終日はかつてお城だった荘厳な邸宅で夕食会でした。

ヨーロッパの先生方のドレスアップも華麗でした。

このような会を企画して頂いたアラインテクノロジーに感謝です。

また、日本から参加された他の先生方とご一緒に食事をさせていただきました。

日本から参加された7名の先生方のインビザラインへの真摯な取り組みや、矯正治療への熱い思いを肌で感じさせていただきました。

アメリカからアラインテクノロジー本社の代表がいらっしゃっていました。非常に話し方が柔らかく明るい体の大きな方でした。

 

現在、インビザラインを世界中に提供していくために、インビザラインによる治療の良さを世界中に積極的アピールを行っているとのことでした。

 

理事長・東京院 佐本 博

院長紹介
プライバシーポリシー

Copyright 2016 青山アール矯正歯科 All Rights Reserved.

トップヘ戻る