東京 青山・大阪 なんばのインビザライン(アライナー型矯正装置)マウスピース矯正専門歯科 青山アール矯正歯科
大阪院へのアクセス 東京院へのアクセス よくある質問
東京

TEL.03-3746-4180

大阪

TEL.06-6561-4181

東京院 佐本院長のブログ
BLOG-TOKYO

2014年 インビザラインAPACサミット in シンガポール

先日、シンガポールで開催されたインビザラインAPACサミットに出席しました。

 

初日の講演を無事終える事ができ、ヘタクソな英語でも何回か笑わせる事ができました。

 

人生初のスタンディングオベーションを頂き、言葉にできないくらい嬉しかったです。

 

学会翌日の別会場での講演にも多くの国の方に参加して頂きました。

 

わざわざ足を運んでくださった気持ちに応えたく、すべてをお話する気持ちで講演させて頂きました!

 

アライン社関係の皆様方、各国の先生方、また留守を支えてくれたスタッフ、家族に感謝致します!

 

またこのような経験ができたのは私のクリニックで治療されている患者様のご理解と治療を信じて

 

ご来院して下さるお気持ちがあってこそだと深く感謝しています。

 

時系列でシンガポールでの様子を振り返りたいと思います!

2014年 インビザラインAPACサミット in シンガポール

マリーナベイサンズの講演会場を前日に下見。

結構広いです。

その日の夜は素敵なレストランでスピーカーズディナー。

今回のサミットで講演する先生方が参加されました。アライン社の社長、副社長たちとスピーカーの記念の楯を持って記念撮影。

そして学会当日。会場にはたくさんの人が。オーストラリア人、シンガポール人、中国人、台湾人、韓国人、ベトナム人、タイ人、日本人などなど、国際色豊かにアジア各国の先生方がいらっしゃいます。この頃、緊張感がかなり増していました!

オープニングジェネラルセッション。

カナダのサム・ダハー先生の次に講演しました!私のタイトルは「ClassII Deep Bite Treatment」クラスⅡディープバイトのアプローチ法です。自分の浅はかな知識で始めた頃の苦い経験から学んだⅡ級ディープバイト攻略法について話をしました。ヨーロッパサミット以来2回目の英語での講演でしたが無事に終える事ができました。予想外の笑いも取れました!

講演終了後の昼食会場にあったインビザラインのブースで。私のケースがポスターになっていたので記念写真を撮りました。

2日目の午後のラウンドテーブルディスカッション。各テーブルで様々な国の方がまじってケースプレゼンテーションを行っていました。私は日本人テーブルに参加させて頂きました!終了後日本の先生方と記念写真。皆さんと矯正治療について熱く語れ、楽しかったですね(^_^)

別テーブルでは大阪の徳久先生(テーブル左から4人目)がケースを熱弁!難症例でしたので海外の先生にかなりインパクトを与えたに違い有りません!

最後のクロージングセッションでもステージに呼ばれ、2014インビザラインアワードを受賞し、3年連続でアワードを受賞したことを表彰されました。本当に夢を見ているような気分でした。

打ち上げのガラパーティーでアライン社CEOのプレスコット氏と。なんか凄いお褒めの言葉を頂きました!心の中で家宝にします!

そしてアライン社副社長と。同世代だったので趣味を聞いてみると、彼は意外な事にノイズミュージックが大好きで、ソニックユースとか日本のボアダムズの大ファンだそうで、本当にビックリです!おかげでめっちゃ打ち解けました!

サミットが終了した翌日、午前中はシンガポールのクリニック見学ツアー。まるで大きなレストランのような素敵なエントランスのクリニックはYee Cheau HWANG先生のTP Dental Surgeons。巨大な高島屋ビルの中にあって桁違いに広くて、まさにちょっとした大学病院みたいでした。そこの女性院長が実はこのビルのオーナーだそうでビックリ仰天!

そのHWANG先生(私の右隣)とそこに勤務されているシンガポールの先生方と私の講演前の昼食を一緒にさせて頂きました!HWANG先生はただならぬオーラを発していました。池上遼一氏の漫画サンクチュアリにでてきそうな桁違いのセレブな気品が漂っている素敵な先生でした(笑)。

講演会場の案内。自分の名前が!嬉しいですね!

そしてここがインビザラインシェアリングセッションの講演会場!とても綺麗な会場です。テンション上がります!

受付のテーブルがオーストラリア、ニュージーランド、インドネシア、タイ、ベトナム、香港、中国、台湾、シンガポール、マレーシア、日本の11カ国の国別に分かれていました!

今回はシンプルにこんなタイトルで。「Approaches to Severe Cases」私の治療に様々な国のたくさんの先生方に興味を持って頂き、本当に嬉しかったです!!感動しました!

インビザラインを使いこなすためには脳の中の古い矯正の考え方をアンインストールして新しくインストールしなおす必要性をこのスライドでお話ししています。案外これが難しい。

皆さん凄い真剣に聴いて下さっています!質疑応答の時間にはいろんな質問がありとっても楽しかったです!ありがとうございます!!

アラインシンガポールの方から記念品を頂きました。ありがとうございます!皆さん喜んでくれました。

最後にスタッフといろいろお世話になったアラインジャパンの皆様との写真!ありがとうございます!

ドキドキとワクワクの楽しいサミットでした!(^_^)!まだまだ未熟なところが多々有りますが、今回のインビサラインサミットで学んだ新たな知識、技術を明日からの患者様の治療に応用し、より良いインビサライン治療ができるよう頑張っていきたいと思います!!

P.S.
後日アライン社からこの講演のレポートをもらいました。
回収されたアンケートの半分近くがExcellent!!!
海外の先生方からビックリするようなとてもいい評価を頂き、全然期待してなかったのにとてもとても嬉しいです!
ありがとうございました!☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

理事長・東京院 佐本 博

院長紹介
プライバシーポリシー

Copyright 2016 青山アール矯正歯科 All Rights Reserved.

トップヘ戻る