東京 青山・大阪 なんばのインビザライン(マウスピース型カスタムメイド矯正装置)マウスピース矯正専門歯科 青山アール矯正歯科
Facebook Instagram
東京

TEL.03-3746-4180

大阪

TEL.06-6561-4181

東京院 佐本院長のブログ

BLOG-TOKYO

2011.10.23

日々のこと

3日目


3日目の講演内容は以下の通り。

Miniscrews and Aligners:Taking advantage of flxed anchorage
Dr David Paquette

Challenging Class Ⅱ and Class Ⅲ cases:experiencing lnvisalign treatmentin the Land of Srniles
Dr Thiti Sirikrai

Extraction cases using lnvisalign Therapy
Dr Kwan Sal Kit Joseph

Dr.パケットはインプラントアンカーとインビザラインを併用したケースを多く見せてくれました。たいへん参考になりました。
タイのDr Thiti Sirikraiの講演はまるで落語を見ているような独特の発表スタイルで会場から笑いが絶えませんでした。凄いな~と思いました。
また、Dr Kwan Sal Kit Josephも独特な観客をひきこんでいくスタイル。講演の途中に5分くらいご自身の社交ダンスの練習している映像を流されたのには驚きました!さすがに間が長すぎて恥ずかしそうにしてましたが。。。場内から優しい拍手。
発表のスタイルにも文化の違いを肌で感じます!海外ではユーモアセンスが大事なんですね。自分が一番苦手な分野です。

午後はサプライズでオーストラリア、タイ、シンガポール、中国、韓国、日本などアジア圏のそれぞれの国でインビザライン治療実績がある先生が壇上に呼ばれ表彰されました。光栄にも私も日本のインビザラインドクターとして表彰して頂きました!


この賞は治療の成果ではなく単純に症例数で評価されますので矯正医として心底喜べることではないですが、それだけ困難も多く乗り越え経験してきた証ということで素直に喜びたい思います。

今に至ってもまだまだ患者様に教えていただくことが多々あり、反省し落ち込むことも少なくありません。この賞は患者様のインビザラインへのご理解、そして足りない自分をフォーローし支えてくれている周りのスタッフのお蔭だと感謝しています。賞状は早速診療室に飾りたいと思います!

午後の夕方からビーチでクロージングパーティー。

貫録のあるDjです。音も良かった!

みなさんとてもいい笑顔!

Dr.徳久とオーストラリアから来られたDr.Kim。

アラインジャパンの福村社長と。海外で私のケースに注目している先生が多いととてもうれしいお言葉を頂きました。

中国でNo.1のDr.ヤウとケースディスカッションを行いました。Dr.ヤウは発表のために3日間ほとんど寝てないそうです!彼は中国の男子バレーボールのオリンピック代表だったこともありとてもタフ!

最後にビーチでDr.ヤウとアライン社の皆様とDr.徳久と記念撮影。

今回の学会参加で新しい知見や技術、治療哲学、様々なことを学ぶことができたと思います。
インビザラインの未来への可能性を再確認し、ますます明日からの臨床に全力で取り組んでいきたいと思いました!

2011.10.23

日々のこと

二日目

早朝にオーストラリアから来られた親交のあるDr.Kimのお誘いで特別にDr.Paquetteの個人レクチャーをシェアすることができました。

ついでに私が治療した軽度の叢生を伴う上下顎前突症で小臼歯4本抜歯を行ったケースを見て頂きました。インビザライン治療で私が最も難しいと考えるケースです。独自のクリンチェックデザイン、遠心移動のテクニックをとても興味深そうに見てくれました!アメリカでトップクラスのインビザラインドクターとケースディスカッションできたのでたいへん嬉しかったです。このような機会をくれたDr.Kimに感謝!


二日目のプログラムは以下の通り。
Mix and Match with invisalign― lnterdisciplinary treatrnents using
lnvisalign and a sample oflnvisalign Lite treatrnent plans
Dr Yau Yi Kwong

When what you see is not what you′ll get.
Transferring the ClinCheck treatment plan into reality in charenging cases
Dr Eugene Chan

Variations in ClassⅡ correction with lnvisalign
Dr David Paquette

やはり日本のケースに近いシンガポールのDr Eugene Chanと上海のDr Yau Yi Kwongのケースにとっても興味がありました。予想通りのDr Yau とDr Eugene Chanの身になる素晴らしい講演が終わり、ランチタイムへ。

ランチタイム!贅沢な南国風のパイナップルジュース。実は気がつかなくて飲んでません!悲しいー。

かねてから予定していたDr.Mitora Derakshanとのケースディスカッション。翌週に予定している日本矯正歯科学会での発表内容をパワーポイントで2つ見ていただきました。Dr.Derakshanはアライン社在籍の矯正医で、システムの開発に携わるアラインの中心的な存在です。時間がなかったので私のせっかちな説明とスライド転回にもかかわらずまったく問題なく要点を理解され的確な質問とアドバイスを頂きました。天才ですね。


とても素敵な笑顔で「データが充実していて凄く良い発表だ。すぐに来年のアメリカ、ヨーロッパの矯正の世界大会にも発表したほうがいい」と高い評価を頂きました。
英語が苦手な私は、「Thank you! Thank you!」と日本人ならではの訳のわからないリアクションをとっていると、「You should!」と優しく念を押されました(笑)。

英語がとても苦手なんですがスライドが共通言語となって言葉の壁を越えて海外の先生に理解され、評価してもらったことは本当に嬉しく思います。

その日の夜はとても良い気分でプーケットで一番おいしいというタイ料理の高級店に行きました。

これはそこのお店のトムヤムクン。ヤバ美味!でした。

2011.10.21

日々のこと


先週は楽しみにしていたタイのプーケットで開催されたインビザラインのアジアパシフィック会議に参加しました!

インビザライン治療の中で難易度が高い小臼歯抜歯ケースを最も多く見ることができるということでインビザラン治療を行っている矯正医の中では世界的に注目されている学会です。

米国、アジア・パシフィックの国々から著名な矯正専門医が集まりケースプレゼンテーションが行われました。

大阪クリニックの徳久先生とともに参加し、インビザライン治療の最前線を確認することができました。また海外の先生との交流から臨床に役立つ知見やフィロソフィーを習得できたと思います。

私自身人生初のタイ国でしたので、タイの陽気な国民性と本場の香辛料の効いた食文化も堪能することができ、とても充実した学会旅行となりました。

タイでの学会の模様を写真(by tokuhisa)でご報告したいと思います。


一日目

インビザライン・アジアパシフィックフォーラム 2011  1日目

今回招待を受け宿泊した学会会場であるル・メリディアン・プーケット・リゾート。夜に日本を出国してから朝にホテルに到着しました。初日の午後はプラチナドクターを対象としたDr.David Paquettoの特別セミナーがあります。

ホテルからビーチにつながる道。プールもビーチも充実していてまさに楽園。こういうとこ家族で来たかったなー。

インビザライン学会場への案内。

セミナーまで時間があったので近くのビーチを散策しました。このあたりは5年前日本と同じ大津波で被害を受けた場所だそうです。まったくその面影もなく復興していました!街を見ていると希望が湧いてきますね!!!

プーケット市街にて。夜になると凄く賑やかになるそうです。

アラインの松尾さんと徳久先生と3人で楽しく初の本場タイ料理を堪能。自分はパクチーの効いたタイ料理が大好きなので、もう天国です!

午後から徳久先生とDr.Paquetteのレクチャーへ参加。

Raising the bar with aligner treatment:Advanced aesthetics with hard and soft tissue recontouring ‐Dr David Paquette
講演は撮影禁止。

会場内の様子。

Dr.パケットの講演はスライドが綺麗で内容がユーモアがあって面白い。凄く勉強になります。

会場の後ろのブースでは最新の機器が!
口腔内をカメラでスキャンしながらアライナー作製のためのデジタル歯型を作製することができる優れもの。

アライナー作製のための歯の型取りが必要のない時代がもうすぐそこまで来てますね!患者様にとってさらに治療が快適になります。
テクノロジーの進化で矯正治療はもうほとんどつらい治療ではなくなりました。


初日のプログラムが終了後、待望していたムエタイの試合を見に行きました。凄い迫力です。7歳の子供もリングに上がっているのには驚きました。。。

夜も遅くなりさすがに、フライトの疲れかクタクタとなりホテルに帰って即寝しました。。。


初日終了。2日目へ

1

理事長・東京院 佐本 博

院長紹介
プライバシーポリシー

Copyright 2016 青山アール矯正歯科 All Rights Reserved.

トップヘ戻る