東京 青山・大阪 なんばのインビザライン(マウスピース型カスタムメイド矯正装置)マウスピース矯正専門歯科 青山アール矯正歯科
Facebook Instagram
東京

TEL.03-3746-4180

大阪

TEL.06-6561-4181

東京院 佐本院長のブログ

BLOG-TOKYO

2012.04.19

日々のこと

世界中のドクターのインビザラインケースが見られるサイト、インビザライン・インターナショナルギャラリーに私の症例が追加されました。

トップページからTreatmensのタグをクリックし、

Japanにチェックを入れてShow selectedをクリックすると自分のケース(3ケース)が出てきます。

今回新たにアップされた上顎前突、アングルⅡ級ケースです。上顎右側大臼歯の遠心移動を行い咬合の改善を行ったケースです。フルクラスⅡのケースにおいてインプラントアンカーを使用しなくても、Ⅱ級ゴムを併用してインビザラインで大臼歯の遠心移動ができる事、シビアな大臼歯Ⅱ級咬合が改善できる事を実感した最初のケースです。

口元の突出感を主訴とした上下顎前突症例。以前ブログで紹介した上下顎の第一小臼歯4本抜歯を行ったインビザラインでは一番なシビアケースです。世界的に見ても小臼歯4本抜歯ケースはインビザライン単独では不可能ではないのかと諦めかけていた2年ぐらい前に、奇跡的にあれよあれよと治療が上手くいった思い出深いケースです。インビザライン単独で小臼歯4本抜歯ケースができること、抜歯ケースにおいてクリンチェックデザインが重要であることを確信できたケースです。インビザライン社で難易度の高い治療としての評価を頂きました。


叢生(ガタガタ)を伴う開咬症例(オープンバイト)。叢生を伴うアングルⅢ級傾向がありとてもシビアなケースです。
こちらも上下4本小臼歯抜歯を行い、最初の数ヶ月間補助矯正を行い、その後インビザライン治療に移行しました。
治療中に患者さんが1年間アメリカに留学しましたが、日本とアメリカの遠隔でも来院する事なく治療を進められることが実感できた最初のケースです。このケースもインビザライン社で難易度の高い治療としての評価を頂きました。


このサイトではそれぞれの先生の治療計画、治療前後のレントゲン写真、クリンチェックデザインも見る事ができます。とてもインビザライン治療の勉強になるサイトです。今後もインビザラインギャラリーに難易度の高いケースをどんどんアップして行きたいと思います!

2012.04.17

日々のこと

先週は神戸の生田神社会館で行われた神戸臨床小児歯科研究会(KSCP)の40周年の会に参加させて頂きました。

KSCPは小児歯科の専門医であった父が友人と40年前に立ち上げた研究会です。現在、会長の神原修先生、副会長の米澤元雄先生、専務理事の坂田滋先生が中心となり
、東京医科歯科大学小児歯科講座 名誉教授落合靖一先生を顧問として運営されています。

自分は父とは違う矯正学の道を選んだので、父が小児歯科専門医として通った道を知ろうと思った事が今まで一度もありませんでした。ましてや父が創設した研究会があるというのは話は聞いた事がありましたが、それ以上は何も知りませんでした。先日電話で初めて母からKSCPの40周年の会があると聞き、さらにその日をもってKSCPが終了すると聞いたので、流石にそれは自分も出席して御礼のご挨拶をしないとまずいと思い、直前に日帰りで神戸に行く事にしました。

行きの新幹線の中で母から送られて来たKSCPの資料を見て始めて父が小児歯科専門医院を開業した年にKSCPを創設した事や、その他の父の足跡を知りました。

40周年というと父が他界してからも23年という長い間、会が継続されてきたことになります。長い間、会を支えて来て下さったKSCPメンバーの先生方へただただ感謝の気持ちで一杯です。父もきっとあの世で喜んでいるでしょう。

 

桜が満開の生田神社内にある生田神社会館で研究会が行われました。


40周年記念講演として大阪歯科大学小児歯科学講座教授、有田憲司先生の「小児歯科臨床のパラダイムシフト」と題したご講演がありました。

ここでは書きませんが、矯正治療にフィードバックできる考え方や新しい修復歯科材料ついて勉強になることがたくさんありました。

実は講演後の懇親会に出席し、簡単に挨拶をさせて頂きましたが、あまりにも研究会が今日で終了する様な雰囲気ではなかったので、隣に座っていた先生方に確認をとってみると、その日をもって終了するというのは母の完全な勘違いでした(@ ̄Д ̄@;)。挨拶で変な事言わなくて良かったです(;^_^A。

まーその御陰で父が生前親しくしていた大先生方にお会いしたり、父の残した研究会に初めて参加することができましたので、結果的にはたいへん良かったなと思います。

40周年記念講演終了後の懇親会の席でKSCPから11月にインビザライン治療についての講演を依頼され、もちろん承諾させて頂きました。KSCPの先生方には特別な思いがありますので、是非気合いを入れて講演させて頂きたいと思います!ご期待下さい。

KSCP40周年終了後は父に会の報告をし、東京へ帰りました。

2012.04.14

日々のこと

皆さん今年はどこにお花見に行きましたでしょうか?

さくらが散るとともに今年も頑張って行こうと襟を正す思いになります。



先日の朝テレビで見たお笑いタレントの鉄拳さんのパラパラ漫画「振り子」に泣きました。


スマートフォンで見れない時はこっちで見れるのかも。

作中にでてくる時の流れとともに散って行く桜がとても感慨深いです。

最近自分がiPhoneで撮っておいたいろんな桜もいつかこの動画のように人生の時を刻む思い出の桜となるのでしょうか。。

4月1日の日曜日に縁起を担いで行った三島大社で撮った桜。

そして、友人家族と行った六義園のしだれ桜。

長女の入学式の帰りに撮ったダブル桜。写真に写っている次女の名も「さくら」です。



毎年撮った桜は思い出としてブログにアップして行きたいものですね。
1

理事長・東京院 佐本 博

院長紹介
プライバシーポリシー

Copyright 2016 青山アール矯正歯科 All Rights Reserved.

トップヘ戻る